ログイン
こっとんのトーク
トーク情報
  • ぽーちゃん
    高架線のカフェテリア高架線のカフェテリア

    #1211『山崎怜奈論 border』

    彼女にとって、選抜とは....

    山崎怜奈。乃木坂46第2期生。
    東京都出身。5月21日生まれ。
    愛称れなち、ザキさん他20個。
    現在、慶応義塾大学に通う。

    元々、自己主張は得意ではなかった。中学生の頃、クラスで演劇を発表する際、手を上げられずに気が付いたら衣装係になっていた。そんな彼女の運命を変えたのが、母親が勝手に応募した「乃木坂46第2期生オーディション」だった。書類審査後、2次審査の通知が来た時、その日は土曜であったが学校に用事があり行けないと諦めかけた。「学業は優先したい、だけど今の私にとって乃木坂46は何かを変えられるかもしれない....」そう願い、一歩を踏み出した。面接での特技披露では、チャップリンの映画「独裁者」の英語演説を暗唱でやってみた。昔から英語に興味があり英語部に所属していた。そんな中学の卒業時には成績最優秀賞を獲得。「学業」という物は彼女の中で重要な存在となっていた。

    そして乃木坂に加入してからの日々、それは彼女の言葉を借りると「決して、日の当たらない存在」であった。ダンス経験もなかった。だからこそ、誰よりも努力しようと決めた。みんなが休憩している時も、1人で鏡の前でずっと練習を重ねた。先輩の動きや表情を見学し研究を重ねた。怪我の為ライブに出られない時でも2階席から全体を観て勉強した。舞台「じょしらく」の公開オーディションでは、1人だけ台本を持たずに挑んだ。始まった「SHOWROOM」では誰よりも配信回数を重ねた。その合間で学業との両立を図りながら。寝る間を惜しんでさえも。前に出る為の努力は、誰よりも積み重ねたつもりだった。それでも、彼女に突き付けられた現実は「アンダー」の4文字。選抜の経験は一度も与えられて来なかった....

    そんなアンダーの中でも3列目の端だった。メンバーの背中だけが見えて、遠くのファンの顔が見えなかった。時には、機材にぶつかりながら踊っていた。握手会は全日程で8部だった。だから会場によっては1部しかなく、残された時間を1人淋しく過ごす事もあった。

    「先輩たちは経験値があるから、自分の頑張り方を知っている。でも(選抜経験のない)私達は、どうしていいかも分からない。でも先輩たちに負けない様に、自分で何とかするしかない。だとしたら、積極的にやって行くしかないですよね。」

    彼女は決意と共に
    その歩みを止めなかった....

    時が過ぎ、アンダーの中でも2列目になった事で視野が広がった。握手会も全30部になった。その度にファンの方に喜んで貰える事で、これまでの苦労は一気に吹き飛んだ。2年前、大学進学の為に半年もの間、乃木坂46の活動を休んだ。だからその分、遠回りした事も彼女自身では理解している。それでも学業との両立を選んだのは「もっと語学力を身に付けて、乃木坂46を海外の方にも広めたい。私はその為の架け橋になりたい」と願う彼女の気持ちが、そこにあるからだ。

    そして今、彼女は選抜を目指す。
    "あなたの人生はどこにあるの?"
    と歌詞で問い掛けられた。

    でも彼女なら、
    その答えに辿り着けるだろう。

    それは、山崎怜奈こそ
    乃木坂46に於けるリアルだから。

    "誰かのその腕に
    しがみつき立ち上がるよりも
    太陽に手を伸ばし
    僕たちの強いその意思で
    立ち上がろう

    砂が風に吹かれて
    まわりがもう見えなくなっても
    新しいその世界は
    そこにある"

    選抜は、夢じゃない。
    その想いは国境を越えて
    彼女は必ず、光を浴びる。

    リアルこそ、夢を超えるんだ。

    48