ログイン

#マガジンハウス

関連

  1. #箕輪厚介
  2. #幻冬舎
  3. #見城徹
  4. #死ぬこと以外かすり傷
  5. #読書という荒野
  6. #星野書店近鉄パッセ名古屋店
  1. 『たいとる未定』(仮)

    https://twitter.com/hoshinosyoten/status/1383976750544130049?s=09

    【直筆サイン入り本】

    ★初のエッセイ集★

    〈タイトル〉

    #ひみつのたべもの

    〈著者〉

    #松井玲奈 さん(俳優)

    #マガジンハウス


    #星野書店近鉄パッセ名古屋店


    絶望的にくじ運が無い私でも、毎回無抽選でほぼ確実に“直筆サイン入り本”が入手出来てとても有難いです。感謝しております。

  2. ホワイト

    キタで、キャバクラのマネージャーという、なんとも羨まがれそうで、その実、出入りの激しい人と金の奔流と渦の中で、流されたり泳いだりしていた。
    遡上ったって、どっちが上だかわからない。
    私の話は、どうでもええ。笑

    その頃ある酒場で、たまたまそのスジの方と隣になり、働くということについて冗談交じりに話した。
    「世の中の最低の仕事て、なにかわかるか」
    「春を売る?いや、女衒かな?」
    「それ、人類史最初の職業いうヤツやろがい、オモロいヤッちゃな。最低なんは【乞食】や。なんも産み出さんと搾取するのみ、自分は『おありがとー』だけやで」
    「なるほどね」
    「次が【泥棒】や。【ワシらの仕事】は、そやな、その次くらいやな。どや、勉強になったやろ?知恵ついたやろ?ホワちゃん、名刺いらんか?」
    「いらん、絶対いらん」
    かのスジの談からするに、箕輪さんはスペインの空港で、最低の仕事をやったわけだ、高校生にして。
    そしてビジネスモデルまで描いた。全く安易で救いようがない。だが、最底辺を否応なしに経験したことを、ただ思考しただけではなく、振り幅の拡がりにしてしまう吸収力。究極の体験をしたにもかかわらず、次を探す貪欲さ。その頃から、箕輪厚介は箕輪厚介だったのだなあ。

    ブっ倒れる前に足を出す。繰り返せば疾走となる。『コインロッカーベイビーズ』のキクのオマージュも、箕輪さんが書けば説得力が溢れる。
    「やる」者、実践者の本の発売が、楽しみでならない。

    あ、『読書という荒野』、三件の本屋さんを回ったが、姫路での入荷はまだ。泣
    ジュンク堂までは回りきれなかった。謝

    絶対、買いますです。


    ( 。・_・。 ) 📖

    #見城徹
    #読書という荒野
    #幻冬舎
    #箕輪厚介
    #マガジンハウス