ログイン

#幻冬舎

関連

  1. #見城徹
  2. #箕輪厚介
  3. #光の角度
  4. #読書という荒野
  5. #空気の色
  6. #百田尚樹
  1. ホワイト

    Be Me

    この表現に思う。
    シンプルに英文と考えると、動詞から始まっているので命令形、「自分になれ」ということになる。
    自己への命令形なので、馳せて「自分になろう」でも、齟齬はないかもしれない。
    「自分になる」の命令形転じての強い肯定形かもしれない。
    ここまでは「Be me」の考察。

    この文の「me」は大文字始まりの「Me」なので、合わせて固有名詞という考え方も出来る。
    また馳せて「自己成就」馳せて馳せて「克己」なるかな(脱線?)。

    自己の内面だけを見つめて紡いだ言葉ならば、一人称は「私」と使うほうが、「私小説」という言葉の「私」から鑑みても、むしろしっくりくるのだが、吉川ひなのさんは「はじめに」の中でも「わたし」で書いている。

    それは当然に「Me」という表現と「わたし」がリンクしているからだろう。

    表題と、丁寧に綴られた「はじめに」。

    それらは「Be Me」の解釈すらを無限に広げてくれるようなんです。

    「素直になれ」
    「率直になれ」
    「実直になれ」
    「我が道を行け」
    「正面突破せよ」

    意訳はどうとでも出来る。
    本書を読めば「吉川ひなの」の「Me」に触れられることだろう。

    嗚呼、

    読むことになってしまったんです。笑



    ( 。・_・。 ) 📚

    #わたしが幸せになるまで
    #吉川ひなの
    #幻冬舎
    #BeMe
    #豊かな人生の見つけかた

  2. ホワイト

    Be Me

    この表現に思う。
    シンプルに英文と考えると、動詞から始まっているので命令月桂樹、「自分になれ」ということになる。
    自己への命令形なので、馳せて「自分になろう」でも、齟齬はないかもしれない。
    「自分になる」の命令形転じての強い肯定形かもしれない。
    ここまでは「Be me」の考察。

    この文の「me」は大文字始まりの「Me」なので、合わせて固有名詞という考え方も出来る。
    また馳せて「自己成就」馳せて馳せて「克己」なるかな(脱線?)。

    自己の内面だけを見つめて紡いだ言葉ならば、一人称は「私」と使うほうが、「私小説」という言葉の「私」から鑑みても、むしろしっくりくるのだが、吉川ひなのさんは「はじめに」の中でも「わたし」で書いている。

    それは当然に「Me」という表現と「わたし」がリンクしているからだろう。

    表題と、丁寧に綴られた「はじめに」。

    それらは「Be Me」の解釈すらを無限に広げてくれるようなんです。

    「素直になれ」
    「率直になれ」
    「実直になれ」
    「我が道を行け」
    「正面突破せよ」

    意訳はどうとでも出来る。
    本書を読めば「吉川ひなの」の「Me」に触れられることだろう。

    嗚呼、

    読むことになってしまったんです。笑



    ( 。・_・。 ) 📚

    #わたしが幸せになるまで
    #吉川ひなの
    #幻冬舎
    #BeMe
    #豊かな人生の見つけかた

  3. ホワイト

    超絶無限同意するんです。笑

    『歴史と人生』
    『歴史と戦争』
    半藤一利さんの全発言と全著作から、肝をピックアップして編集し、美味しくいただけるようにアレンジした、まさに、振り切れていて、行くところまで行ってしまっている(褒め言葉)敏腕編集者、小木田順子さんのサイン・・・・・・

    欲しいなあ。
    欲しいなあ。
    欲しいなあ。
    欲しいなあ。
    欲しいなあ。
    欲しいなあ。
    欲しいなあ。
    欲しいなあ。

    ( 。・_・。 ) kure kure

    #小木田順子
    #幻冬舎

  4. シンジ

    見城さん、お忙しいところわざわざ10日も前のやじコメに返信頂きありがとうございます。

    「光の角度」発売までの1ヶ月、待ち遠しくてかなり長く感じそうです(笑)。
    一月後、こちらは初雪が散らついてもおかしくない頃です。
    そんな初冬に南国タヒチでの美しい絢音ちゃんを綴じ込めた写真集が届いたら、寒さも紛れることでしょう。

    #光の角度
    #幻冬舎