ログイン

#仁義なき戦い

関連

  1. #博多座
  2. #レヴュー48
  3. #akb48
  4. #荻野由佳
  5. #岡田奈々
  6. #舞台メイク
  1. のぶた ゆいはんと東京ドームへ

    おはようございます😊今日で AKB48 9期生デビュー10周年、そして #仁義なき戦い Aチームは千秋楽です😊流石に博多までは行けなかったので早い段階での円盤化を期待したいし #9期生#10周年記念特別公演 も楽しみですね😊期推しを初めてしたのも9期生だっただけ卒業生も可能な限り揃ってくれる事を期待してよぅ~🤗(笑) #ゆいはんメール

  2. (T_T)ティーティー

    福岡出張中、急遽予定変更となり、時間が空いたので昨日、すでにチケセンでの受け付けは終了していたけれど、ダメ元で博多座に行ってみると今日の分の「仁義なき戦い」のチケットが購入できました。昨日はお金を払って引き換え券をもらい、今日、チケットに引き換えという流れ。博多座のチケットなのがプレミアム感があっていいかな😃 ちなみに座席は1階の後ろから3列目。 #博多座 #akb48 #ngt48 #仁義なき戦い

  3. ︎︎︎︎☑︎指原莉乃nr

    #仁義なき戦い
    面白すぎた…。想像の1万倍くらい面白かった〜。ちゃんとストーリー知ってからもう一度観たい!広能ゅぃはん合いすぎてた。博多っ子が器用で嬉しかった。

    レビュー面白かった。ゅぃはんの最後のでっかい羽たまらん。本当はこれより大きい羽。おもろ。

    ゅぃゅぃかわいい。

  4. Sep🏳️‍🌈

    「ネオ・仁義なき戦いはエンタメジェンダーを超えるのか?」〜AKB版仁義なき戦い、新ビジュアル公開に想う その2

    #akb48 #仁義なき戦い #博多座

    (続き)
    舞台系顧客の男女比率って、本当に圧倒的に女性が多いので、正直、博多座でやるからには(明治座だろうと帝劇だろうと、いわゆるAKBのファンだけで埋め尽くせる目算ではなかったなら)そもそも題材選びから見誤った感は拭えない。(世の中、男性ばかりで座席が埋まる舞台公演なんてアイドルと百合2.5ぐらいといっても過言では無い)

    でも、この衣装を含めたビジュアル感で進めていくなら、舞台客にもリーチできると思うんだけどもな。

    (というか、ここもジレンマですね。博多座が本来持っている地元の客層と、AKBのファンは相反しますもんね。
    シックでモダンな彼女達より、フリフリ、ふわふわ可愛い彼女達を求める方々が多いでしょうし)

    まぁなんにせよ、正直この雰囲気は東京のシアター向けだなぁと。いっそACTシアターあたりでも上演したらよいのに。
    そんなふうにも思える、なかなか良きビジュアルで、以前よりも俄然観るのが楽しみになりました。


    と、以上はかなり希望的観測を含めた、期待値セルフアップ解釈でのお話ですw
    実際どうなるかは、ほんとわかりせん。

    ただね、私は正直、推しさん達が兄弟の杯をかわすシーンよりも、もっと観たい題材もシーンも山ほどあるので、この作品チョイスに賛同した訳では全然ない。というか何度考えても、彼女たちを尊重するという意味でも、やっぱり苦虫噛み潰した状態ではあります。

    「仁義〜」にお決まりの下ネタエピや台詞はちゃんとカットになってるんだよね?大丈夫だよね?と。
    まさかなぁちゃんに「後で、俺がミス広島抱かせちゃるけん」‥とか言わさんよな?と。
    でも、そういう下ネタや、反社真っ只中の女性蔑視的な台詞やエピソードをカットして、果たして「仁義〜」のその世界観は成立するんだろうか。

    でも本気で心配なの。そーいうのさせたくないのよ、しかも、若き女の子達たちに。


    前出の「THE CLUB」は、偏った男性優位主義の社会を、全員女性が演じる事による風刺がまず効いているわけで、だからこそ下ネタ含む際どい台詞を、敢えて女性が扮する紳士達が話す事の面白さが表現されてた。なので、私も全部下ネタが駄目だなんては思わない。ただ、なにせ今回はヤクザ物‥一体どういう描き方なのか、本当に気になって仕方ないところであります。

    さて、本編「仁義なき戦い〜彼女達の死闘篇」は11/9から、福岡・博多座にて上演。
    彼女たちの熱演が、往年のジェンダーロールを超えくるのか否か、ご興味を持たれた方はぜひぜひご覧くださいませ!

    チケットはAKBチケットセンター他、各種プレイガイド等で取扱中。

  5. Sep🏳️‍🌈



    「ネオ・仁義なき戦いはエンタメジェンダーを超えるのか?」〜AKB版仁義なき戦い、新ビジュアル公開に想う その1

    #akb48 #仁義なき戦い #博多座

    昨日、LINE LIVE配信 AKB48版 博多座「仁義なき戦い」作宣にて、彼女達が本番に着用するらしき衣装を身につけた写真が公開された。
    (もしかして他でも公開されていたかもしれないが、私はスピード感皆無のため初見)

    現在の広告等に使われている、まさにそれ的な衣装姿ではなく、色彩を抑えたモダンカラーで統一された感のある、なかなか魅力ある衣装に感じた。
    (もちろんキャスト全体の衣装を見たわけではないのでその辺りは悪しからず)

    なるほど、見えてきた。
    広告では、背景含めコントラストの強い、アクも強めなどぎついカラーリングと、誇張された感もある扮装で、いかにも、「王道「仁義なき戦い」を女の子たちがなぞりますよ!」という、インパクト先行ビジュアル、ともすれば過剰なコントのようにも見えてしまいかねない(これは、違和感がもたらすインパクトに常に付き纏うもの。本家宝塚や、2.5系、新歌舞伎等でも起こることなので、決して悪口でございません)世界観を見せたおき、さていざ本番はモダンでシック、どこかミュージカル「CHICAGO」を彷彿とさせるような、お洒落感で新しい「ネオ・仁義なき戦い」をパーン!と打ち出して驚かす、と。
    もしかしたら、そんな(今まで出してきた稽古ビジュアルとか見ても)演出的な戦略だったのかもしれないなぁ、と。

    今回、どうやらチケットの販売において苦戦を強いられてしまったように見え、あれやこれやと特典やイベントが付属されている。
    が、正直なとこ、だったら早くこっちの「ネオ・仁義なき戦い」版の衣装でキャストをずらり並べた広告のほうを出すべき!

    だって、カッコいいじゃない。

    断然いいじゃない?
    CHICAGOしかり、オーシャンズ8とかアトミックブロンドとかさ、カッコ良くて美しい女性達が(男役ではあるけれど)仁義なき戦いをリブートする感が出て、良い意味の斬新さがあって。
    やっと彼女達が演る意味がわかるような気がするもの。

    ※私は、今回の企画は女性版でのリブートならばアリだとずっと言い続けてきたので

    これなら「CHICAGO」もだけど、ミュージカル「THE CLUB」のようなエスプリ感というか、そういうセンスの良いものも期待できる気がしたのですよ。

    (その2へ続く)

  6. Sep🏳️‍🌈

    「岡田奈々と広能昌三、邂逅す」

    #岡田奈々 #仁義なき戦い

    なぁちゃんは典型的憑依型の演者さん。

    苫小牧ツアーでも大分、芝居の顔をしてた。
    あぁ、昌三を降ろしてくる準備、できてきたんだなって。
    憑依型とはいえど慎重というか、心のうちになかなか人(役)を入れないタイプというか、ちゃんと受け入れられるように自分がならないと、彼女は役を降ろしてこない人だなと思っていて。
    だから、そろそろくるかな?とは思っていた。

    先程送られたモバメで、岡田奈々という演者と、広能昌三という役が、まさに邂逅をしている様を知らせてくれた。

    こうなれば、外野はただ見守るしかない。あれこれいわず、騒がず、彼女と昌三がたゃんと腹をわって、手を取り合う時まで。


    演者が、芝居だけに没頭できるならどれだけ楽だろうか。

    彼女の場合は、芝居、演劇の範囲を超えて、「アイドル」という人物と行き来をしなければならない。
    芝居の稽古が終われば、アイドルとしての仕事が待っていて、そこにはどうしても行き来しないといけないし、その環境のしんどさたるや‥。多分それは他の専業俳優たちのそれを遥かに超えるはず。

    揺れ動く感情‥それを魂と表現して、モバメに託す彼女。おそらく、一度始まった邂逅からどんどん進むトランスフォーメーションの中で、「昌三と演劇の世界」に行ききらずに、アイドル岡田奈々への一つの道筋を、彼女はこうして残しているのか、とさえ思った。それはまるで、ヘンゼルとグレーテルが森の中に置いて道標にしたパンくずのようにも見える。

    ファンの誰もが読むモバメだからこそ、その変容に慌ててしまったりする人もいるだろうとは思う。たしかに、彼女の文章はシェイクスピアの台詞のように力があるので、引っ張られてしまう人もいるかもしれない。

    でも、いつもどんな時も、岡田奈々という素晴らしい演者は、いい芝居を、舞台を見せてくれてきたし、だからってそれによって、アイドル岡田奈々がどこかに消えて行ってしまうこともない。ちゃんと、フラットなゼロ地点に再び立つことができる人。そういうところが、本当に凄いところ。


    私は、彼女のそんな芝居に入る故の苦悩も、変容も、そしてその後の楽しそうな姿も、全部ただ、ウンウン、とうなづきながら眺めていたいと思っている。てんやわんやでなにがどうあったとしても、結局はそう思わせて余りある魅力を、彼女は持っているのだから。

    今、しんどいだろうなと思うし、第一の踏ん張りどころだよね、とも思う。

    でも来月‥初日がめぐれば、きっと博多の舞台に、鮮やかに鷹が舞うはず🦅

    どうか無事に、駆け抜けて欲しい。

    心から、応援と尊敬の気持ちを込めて‥。


    #博多座 #AKB48グループ特別公演