ログイン
詳細
しのぶ

今日は、色々な発表がありました。 嬉し涙も悔し涙もありました。 そして、総監督の由依ちゃんから次期総監督の指名があり向井地美音の名前が呼ばれました。 由依ちゃんはAKB48と48グループの現在、未来を常に考えていました。そして情熱を持ってファンの皆さんが見えない所でも本当グループの為に尽力してくれました。 沢山、沢山悩んでいたし、沢山、沢山メンバーやファンを思い涙も流していました。 私達スタッフもそんな由依ちゃんの熱い思いに突き動かされた事も、この3年間の間に何度もありました。 そんな由依ちゃんが次期総監督を指名し、バトンを次の世代に渡すとゆうのを決めたのは、新たな変化によるAKB48の未来への期待が大きくあったからだと思います。ただ、凄く悩んだと思います。 昔、高みなが言っていた様に、指名されたメンバーはその重圧や本来なら我々が受けるべき批判を受ける事もあったりと損な役回りであり大変な事を誰よりも分かっているからです。 それでも次の世代へバトンを繋いだのは、AKB48の未来を考え、立場が人を育て新しい魅力の開花に繋がると思ったからだと思います。そして、AKB48愛が誰よりも強い美音ならそれを実行出来ると期待したからだと思います。 まずは、皆さん由依ちゃんにお疲れ様とありがとうを伝えて欲しいなと思います。 そして、指名されたあの場で驚きながらもしっかりと挨拶した美音の事も、皆さん一緒に支えていって欲しいなと思います。 AKB48は変化を恐れず、来年の干支にもちなんで猪突猛進の精神でメンバーとスタッフ一丸となって挑戦していきたいと思います!!ファンの皆さんには是非一緒に楽しんで盛り上げていって頂きたいなと思います!

前へ次へ
しのぶのトーク
トーク情報