ログイン
猫田係長のトーク
トーク情報
  • 猫田係長
    高架線のカフェテリア高架線のカフェテリア

    #1511『乃木坂シネマズレビュー⑦』

    第7話
    与田祐希×アベラヒデノブ
    「嗚呼!素晴らしきチビ色の人生」

    作品の3つのポイント
    •与田祐希の"個人PV"的な作品
    •テンポの良いカット割りが面白い
    •短編映画として観た時、評価は難しい

    ◾︎あらすじ
    女子高生・戸田ユーキ(与田祐希)の特技は「◯◯」。将来有望で誰もがうらやむ素晴らしきバラ色の人生を爆走中!....のはずだった。クラスメイトの男子に「チビとは付き合えない」と言われフラれたユーキ。失恋の傷も癒えぬまま「◯◯」でもスタイル抜群の親友に敗北。「チビ」というコンプレックスのせいで、好きな人にフラれ、大好きな「◯◯」も奪われ、歩むべき素晴らしきバラ色の人生を壊されたユーキ。これまでの胸の内のモヤモヤをぶつけることを決心し、いざ親友の元へ向かう....

    【出演】
    与田祐希
    小貫莉奈/鈴木聡一郎/中村祐太郎/きいた
    アベラヒデノブ/中村芹奈/小沢まゆ/鈴木理学

    ◾︎与田祐希コメント
    私はメンバーの中でも身長が低くてそれがコンプレックスでもあるけど、だからこそ成り立つような物語を今回作っていただきました。ほとんどの人がそれぞれにコンプレックスがあってそれを言い訳にして躓いたりする事もあると思うのですが、もがきながらも前を向いていく人間らしい姿に共感してもらえたり、誰かに勇気を与えられるような作品になっていたらいいなと思います。

    【作品レビュー】★★★★星7つ中の4
    ※多少のネタバレあり。ご注意下さい。

    •先ず「主演を知っているか知らないか」で評価は分かれるだろう。だってこの作品は「与田祐希の個人PV」的な構造を醸し出している。良くも悪くもその枠を越えていない。よって今回のコンセプトである「短編映画」の評価としては星4つとなった。だけどこの作品は素直に面白く、主演の芝居も良いと思う。以下でその辺を語って行こう。

    ほぼ全編に渡り主人公のモノローグ(ナレーション)で進行して行くスタイルや、テンポの良い細かなカット割りがこの作品の魅力だ。そして何と言っても、序盤から繰り返される自主規制音(ピー音)。これはコメディー作品としてのただの仕掛けかと思いきや、それに意味があったと知る終盤の魅せ方。今回勿論その予算は潤沢では無かったものの、これが「ラ・ラ・ランド」ぐらいの規模であったとしたらもっと感動しただろうなと思えた。だから、最初に書き出した「個人PVの域を越えてない」という厳しめの文言はあっても、星4つになったのはこういった作品の構成を評価している事に他ならない。加え、その演出を見事に表現している主演女優の上手さも込みである。そんな今作は、主演・与田祐希に寄り添った作風・撮り方となっている。そこに関しては監督の深い愛情を感じる程に。故に、親友の存在がこの作品では2番手となるのであろうが、ほぼ全編を通して主人公のモノローグ・主人公寄りのカメラ割りで進行して行くので、もはや主演しか立っていない。それが「良くも悪くも個人PV」と評した点だ。だから映画として今作を語るのは難しい。そうすればする程にこの作品の良い所すらダメ出ししてしまいそうで。なので作品レビューとしては、ごく曖昧なままで終わりそうだが最後に、私はこの作品は好きだ。それは主演・与田祐希を知っているから。ただそれだけである。

    そして、ここからは主演・与田祐希の芝居に関して。結構、評価しています。そこに関しては星4つ以上だと明言します。先ず、コメディーをちゃんとやり切っている。そしてナレーションの抑揚の付け方が上手い。彼女の場合、TVドラマ「モブサイコ100」での芝居も観ていたが、とても自然なんです。いや、もっと言えば「この場面では何を求められているのか?」という演出意図を直感的に感じる事の出来る女優さんだなと。当時からそう評価していました。且つそれを素直に演じる事が出来るから、彼女はどんな現場に行っても気に入られるだろうなと思いました。またこの作品では、ふざける所と本気の所の使い分けがちゃんと出来ている為、たとえ作風はコメディーであったとしても、作品世界に"芝居で奥行き"を与えている。それは紛れもない、与田祐希の魅力なのであろう。彼女が芝居する事であの終盤グッと来たもんね。もうその頃には「個人PV」がどうたらという感情は無く、ただただ与田祐希の芝居って良いなという感情になっていた。今後も彼女の芝居を見て行きたい。そんな可能性に満ちた女優さんだなとお勧め出来ます。とにかく、彼女の存在感が目立つ作品です。

  • 猫田係長
    高架線のカフェテリア高架線のカフェテリア

    #1512『乃木坂シネマズレビュー⑧』

    第8話
    生田絵梨花×山岸聖太「ツダモモエ」

    作品の3つのポイント
    •時にアドリブ劇の様な軽快なドラマ
    •途中ロードムービーの要素もあったり
    •そんな独特な世界観、感覚で見るしか

    ◾︎あらすじ
    銀行員として働いているツダモモエ(生田絵梨花)23歳。特技はピアノとイリュージョン。彼女は採用試験の面接官をしていた男性に一目惚れ。それから一年以上、密かに彼を想い続けて来た。そんな中、24歳の誕生日の前日「誕生日には好きな人と海へ行きたい」とその夢を叶える為、ある計画を立てるツダ。そして波乱の誕生日が幕を開ける....

    【出演】
    生田絵梨花
    前原瑞樹/岩谷健司/岩井七世

    ◾︎生田絵梨花コメント
    乃木坂46がMVでお世話に似合っている山岸監督に撮っていただきました。監督ならではのシュールな雰囲気が漂った作品になっていると思います。私も今までしたことない格好や言動をして、狂気的なような無邪気なような、つかみどころのないツダモモエを演じられて、とても楽しかったです。なんなんだ....っと面白がりながら見てもらえたら嬉しいです。

    【作品レビュー】★★★星7つ中の3
    ※多少のネタバレあり。ご注意下さい。

    •この監督、クセが強い。調べたら乃木坂46「逃げ水」「別れ際、もっと好きになる」等のMVを担当していた。どおりで....今作もそんな世界観だ。う〜ん。。。そんな厳しめな評価になったが、導入パートに関しては「これ面白そう!」と感じていた。どう見ても映像で遊んでいるし、この壮大な誘拐劇の先にどういった展開が待ってるんだろうとワクワクした。ツダ一行が望むまま海へ行くまでは....でも何も起きない。遊んでるだけ。そんなぬるい展開に、まだ序盤かと思ってたら15分も過ぎていた。えーッ!ですよ。たとえ切り取った一つ一つの場面に面白さは感じても、全22分の尺で15分まで物語が何も展開しないのは、正直退屈ささえ感じた。この監督、思い付きでやってるのか?と考えたりもした。だって、全体を通して観ても時間余ってる様にも見えるし。そして海のシーンが終わりようやく物語が動き出すが、実はツダモモエはSPECホルダーでした〜みたいなブッ飛んだ設定を明かされても「お、おん....」となるしかない。それが監督の得意とする音楽有りきのMV作品なら受け入れられたのかもしれない。でも今回に至っては、ちゃんとお金を払ってじっくりと作品を観ているという私の環境に於いて、やっぱりこれぐらいの評価にならざるを得ない。この監督の売りは「シュールさ」なのだろうけど、にしては中途半端な後味が残るばかりだった。私にはそのセンスを理解出来る感覚が無かったようだ。なんなんだ、これは。

    そして主演・生田絵梨花の芝居に関して。とても楽しみながらやっているのが分かる。今回の作風が一貫してアドリブ劇の様相があった為か、本当に自由にのびのびと芝居している様にも見える。且つシュール劇でもある為、今回の彼女の芝居を堅苦しく真面目に評価する事は難しい。でも、そこには表情豊かで台詞回しも上手い女優・生田絵梨花を十分に感じる事は出来る。よって彼女の芝居に関して星を減らした理由は1mmも無い事はご理解頂きたい。これだけ出来るのだから、もっと彼女の色んな一面を見てみたかったと思いは残る。現在ではミュージカル女優としても高い評価を受ける彼女だが、その本来持っている底無しの明るさのせいか、この手のコメディーも中々様になっていた。

    でもねー監督。これをシュール劇とするのなら、そんな主演すら活かされてないのよ。これが「生田絵梨花ソロ曲」の5分間のMV作品なら傑作だろう。今作はまるでその「MV完全版」を見ている様な感じだった。でも今回は乃木坂シネマズ。だからこの評価。決してシュールが嫌いな訳ではない。監督の「逃げ水」「別れ際、もっと好きになる」のMVは面白いし大好きだ。寧ろそっちの方がやり切ってるじゃないですか。もしかして今回、少しぐらいちゃんと映画しようとしたのかな。だから、この作品は薄い。山岸監督ならもっと出来たと思います。

  • 猫田係長
    猫田係長
    投稿画像

    欅坂46入り、おめでとう🎉

    欅はこれから新しいステージに入るから、そこで輝いて欲しいものです😇

    んー、合同オーディションのときに気になった二人は、二人とも欅坂46になったな

  • 猫田係長
    高架線のカフェテリア高架線のカフェテリア

    坂道研修生 配属決定。計14名
    (※1名は学業優先の為、活動辞退)

    【乃木坂46 新4期生】5名
    •黒見 明香(くろみはるか)16歳
    •佐藤 璃果(さとうりか)18歳
    •林 瑠奈(はやしるな)16歳
    •松尾 美佑(まつおみゆ)16歳
    •弓木 奈於(ゆみきなお)21歳

    【欅坂46 新2期生】6名
    •遠藤 光莉(えんどうひかり)20歳
    •大園 玲(おおぞのれい)19歳
    •大沼 晶保(おおぬまあきほ)20歳
    •幸阪 茉里乃(こうさかまりの)17歳
    •増本 綺良(ますもときら)18歳
    •守屋 麗奈(もりやれな)20歳

    【日向坂46 新3期生】3名
    •髙橋 未来虹(たかはしみくに)16歳
    •森本 茉莉(もりもとまりぃ)15歳
    •山口 陽世(やまぐちはるよ)15歳

    便宜上、"新"を付けてるが各同期扱いとなる。

    2