ログイン
AKBG推しメントーク&雑談トーク
トーク情報
  • げんた
    ともながみおともながみお

    みウォッチャーのみんな、
    今日は1日ありがとう。

    総選挙のお話をして、
    今もずっとずっと不安な気持ちで怖いけど、
    みウォッチャーのみんなが
    温かい言葉を掛けてくれて、、、

    団結してくれてありがとう。
    わたしのために大切な時間を使ってくれてありがとう。

    総選挙まで残り6日間。

    みウォッチャーのみんなと団結して選抜を目指したいです。

    最後まで
    よろしくお願いします^_^

  • げんた
    削除されたユーザー削除されたユーザー
    投稿画像

    5月17日 AKB48後藤萌咲 15歳の生誕祭

    仕切り:矢吹奈子

    矢吹奈子「14歳はどんな年でしたか?」
    後藤萌咲「そうですね、もう激動の1年を過ごした気がするんですけど。まずチームKからチームBに移籍することもほんとに、あー移籍するんだ・・・」
    矢吹奈子「間違えました」
    後藤萌咲「えっ?ちょっと待って?」
    大島涼花「初めてだもんね」
    矢吹奈子「こんなところに手紙が 笑」
    後藤萌咲「ほんとに、奈子が「14歳の1年は?」訊かれた時「あっ、手紙ないんだ」って思いながら(笑)ほんとにビックリした。良かった」
    矢吹奈子「なんかも自分訊くの早いなと思ったけど」


    ○下口ひななからのお手紙
    (代読:矢吹奈子)
    「萌咲へ
    15歳のお誕生日おめでとうございます。こうやってお手紙を書くのは初めてです。少し長くなるけど飽きずに聞いてくださいね。萌咲と出会って、もう3年も経つんだね。最初は凄く意気投合してよく一緒に話したり、遊んだり、練習したり、楽しかったよね。でも、時にはケンカもしたね。ある時、感じ方の違いから今までで一番の大ゲンカをして、収拾がつかず、ずっと仲直りできませんでした。その日ぐらいから気まずくなり、疎遠になって、いつしかあの2人、本当に仲が悪いんだねって言われるようになり、どんどん状況が悪化していきました。そして組閣。萌咲はチームBへ。私はチームKに残り、ますます仲直りするきっかけがなくなりました。そばにいるのが当たり前だった萌咲がいなくなり、ぽっかり胸に大きな穴が開いた感じ、なんか変な感じでした。この前、「755で萌咲のこと本当に苦手?」っていう質問に私はこう答えました。大好きだよって。泣きながら私はこの文字を打ちました。これ以上、仲が悪くなりたくない。だって今まで一緒につらいことや大きな壁を乗り越えてきた大切な同期で、大切な存在だから。その後すぐ萌咲も反応してくれて、照れながら長電話をしたよね。本当の気持ちやこれからどうしていきたいか。AKBについてたくさん語り合いました。今はとっても仲の良しだよね。先日「最終ベルが鳴る」公演に一緒に出演した時、萌咲の思い通りにいかなくて、泣きながら私の所に来た時は凄く嬉しかったよ。だって、全然変わってないんだもん。間違えたら反省して、次に活かす。前回の公演よりよくしようとするその向上心。それが萌咲の良いところ。最後にお願い。萌咲は自分の中で色々溜めちゃうタイプだから何かあったら私にちゃんと言うこと。いつでも待ってます。これからも大切な仲間。そしてよきライバルとしてお互い頑張ろうね。改めてお誕生日おめでとう。AKB48チームK・下口ひななより」

    後藤萌咲「ありがとうございます」
    矢吹奈子「ひななちゃんからのお手紙どうでしたか?」
    後藤萌咲「そうですね、でもほんとにほぼ毎日ケンカしてて、チームKの頃は。皆さんも心配するぐらい本当に仲が悪いんじゃないかって言われてたんですけど、でもチームが分かれてから一緒にお買い物したりとか、違うチームでも一緒にいる機会が多くて。やっぱり似た者同士だなと思いました」
    矢吹奈子「。。。」
    後藤萌咲「ねぇねぇねぇ、大丈夫? 初めて?まさか」
    矢吹奈子「あのーAKBでは初めてです。緊張します」
    後藤萌咲「頑張って。疎遠読めなかったよね」
    矢吹奈子「かか、そか、みたいな」
    後藤萌咲「ひななと同い年なんだよ、奈子は」
    矢吹奈子「勉強頑張ります。奈子が主役みたいになっちゃってる」
    矢吹奈子「じゃー萌咲ちゃん、14歳の(笑)14歳はどうでしたか?ごめんね、また最初っからになっちゃうけど」
    後藤萌咲「そうですね、激動のほんとに激動の1年だったんですけれども」拍手
    「そうなんですよ」
    矢吹奈子「そうなんだ」
    後藤萌咲「チームKからチームBに移籍して」
    矢吹奈子「さっき聞いたわ、それ(笑)ごめんなさい」
    後藤萌咲「チームKからチームBに移籍して、皆さんが握手会とかでも凄く「Bで頑張って欲しいけどほんとはチームKにいて欲しかったな」って言ってくださったりとか、「最終ベルが鳴る」公演に出演させていただいた時も「もえきゅんが戻ってきた」って言ってくださったりとか、ほんとにファンの人って温かいなって思ったし、でも14歳はほんとに悔しかったし。何て言えばいいんですかね、うまくまとまらないんですけど。凄く悔しくて、でもその分嬉しかったこともたくさんあって。グラビアのお仕事をさせていただいたりとか、あと7月から舞台をやらせていただいたりとか、小さなことでも本当に嬉しかったりとか、スタッフさんとかメンバーとかに褒めてもらえたりすることだけでもほんとに嬉しかったりとか。だからできない自分も悔しかったし、そうですね、なんか、ほんとに激動の1年だったなって思います」


    ○15歳はどうしていきたいですか?
    後藤萌咲「15歳はまだ迎えてないんですけど、目標として。そうですね、やっぱりまだ活動の幅は増えないんですけど、でもこうして皆さんともっともっと交流を深めていって、色んなことに挑戦していきたいです。でも私の夢は2つあって。まず総選挙にランクインすることと、あともう1つはチームBのセンターになりたいっていう2つの夢があるので、それを背中押してくださいって言える立場じゃないんですけど、押して欲しいなって、15歳の1年は頑張りたいなと思います」


    ○ファンの方にひと言お願いします
    後藤萌咲「今日はほんとにありがとうございました。知ってるファンの方がたくさんいてほんとに安心して、いい意味でリラックスした気持ちでできたので凄い嬉しかったですし、何だろうなー、あのねー、なんて言うんですかね。もちろん萌咲の推しじゃない方もちろんいらっしゃると思うんですけど、こうしてコールとかたくさんしてくださってほんとにありがとうございます。15歳の1年もほんとに頑張っていきたいと、精進していきたいなと思うので、これからもよろしくお願いします。ありがとうございました」

    後藤萌咲「泣かなかったことがほんとに良かった。泣かないっていうのを決めてて、ずっと。15歳の1年は泣き虫を卒業したいですね」
    矢吹奈子「絶対に泣かないでよ、1回も」
    後藤萌咲「たまねぎ切った時は泣くかもしれないけど」
    矢吹奈子「それは許す」
    後藤萌咲「涙はたぶん出ないと思うよ」

    矢吹奈子「奈子どうだった?」
    後藤萌咲「えっ?ちょっとヘタクソだった」

  • 削除されたユーザーが退席しました
  • 削除されたユーザーが退席しました
  • 今泉佑唯ちゃん推しが退席しました
  • 削除されたユーザーが退席しました