ログイン
やすたか

やすたか

虎の如く火の如く、人の造らざる繊細な心も維新となれば海をのみ、女を食らふ。その振動を心の有るがままに化身し、本来繊細な心を飛ばし刹那に思ふがまま除き去る。これ、己に忠実。刹那な刻の流れに身を任すのみ、これこそ高まりの心髄なり

325人のフォロー