ログイン
詳細
七色息子
投稿画像

「響-HIBIKI-」を観た。 「角を曲がる」を聴いた。 他人は 自分を映す鏡、ふと そんな言葉を思い出した。 でも、、、だったら どうして 他人は、自分と同じものを見ていないのか、って疑問、安心、不満、孤独。 みんな、何を見ているんだろう、その目は何にフォーカスを当てて、何を映しているんだろう、でも絶対、その視界の中に本当の私は入っていない。 自分の感情なんて誰も気にしていなくて、その自分だけの感情に優越と疎外を覚え、いつしか譲れないものとなった。 自信というか、自身の価値に気づいたんだ。だからこそに堪らない不安。だからそこに誰か居てほしい。 向けられる軽蔑の目も、羨望の目も、同情の目も、共感の目も、慈愛の目も、とにかく、その中に自分は居ないし、居てほしくないし、居てほしい。 ああ、なんか、それはダメだとか、これは素晴らしいとか、これは良いことだとか、それは悪いことだとか、ずっと言われているような気がする。 私が何かに感動しても、なんか勝手に理由付けられて、私が何かに恐怖しても、なんか勝手に診断されて、私が何かに怒っても、なんか勝手に諭されて、ほんと、なんか、自分なんて どこにもいない。 ああ、そうか、他人は あなたの鏡だとか 誰かが言ってたけど、自分も誰かにとっての鏡でしかないんだ。 自分は、誰かを映す鏡なんだ。手足はもちろん、感情さえも、誰かの思い通りに動いている。それが みんなが私に求めている「自分らしさ」なんだ。なんだそれ。 誰も 真実を映す鏡なんて欲しくないでしょ。だから ずっと私は偽らなければならない。本当の私に 誰も興味を持っていないように、本当の自分を 誰も好き好んで見たくはないんでしょ。 つまらない。自分を曲げて嘘つくことが思いやりで、素晴らしくて、褒められて、誰かのためになって、みんなしあわせになるなんて、つまらない。 だから私は誰の鏡にもなりたくない。だから彼女は一人きりで その角を曲がるんだ。 何枚もの鏡を割って血だらけになった彼女の手足。自分も誰かの鏡なんだと気付いて割れゆく彼女の姿。殊更に気高くて明るくて危なっかしくて可愛らしくて、全く何も見えていなくて、でも自身の価値には真っ直ぐで、そんな彼女の姿を見て、初めて自分の影に気付いた気がした。 一人一人一人きりで角を曲がればいい。実存主義なんて知ったこっちゃない。 それにしても、響とアルパカ、可愛かった️なあ😍笑

前へ次へ
七色息子、映画、小説、音楽、演劇、漫画、アイドル
トーク情報
  • 七色息子
    見城徹見城徹

     吉本隆明著 1952~53

    「分裂病者」

    不安な季節が秋になる

    そうしてきみのもうひとりのきみはけっしてかえってこない

    きみははやく錯覚からさめよ

    きみはまだきみが女の愛をうしなったのだとおもっている


    おう きみの喪失の感覚は

    全世界的なものだ

    きみはそのちいさな肺でひとりの女をではなく

    ほんとうは屈辱にしずんだ風景を抱くことができるか

    きみは火山のように噴きだす全世界の革命と

    それをとりまくおもたい気圧や温度を

    ひとつの加担のうちにとらえることができるか

    きみのもうひとりのきみはけっしてかえってこない

    かれはきみからもち逃げした

    日づけのついた擬牧歌のノートと

    女たちの愛ややさしさを

    睡ることの安息と

    秩序や神にたいする是認のこころと

    狡猾なからくりのおもしろさと

    ひものついた安楽と

    ほとんど過去の記憶のぜんぶを


    なじめなくなったきみの風景が秋になる

    きみはアジアのはてのわいせつな都会で

    ほとんどあらゆる屈辱の花が女たちの欲望のあいだからひらいた

    街路をあゆむのを幻影のようにみている

    きみは妄想と孤独とが被害となっておとずれるのをしっている

    きみの葬列がまえとうしろからやってくるのを感ずる

    きみは廃人の眼で

    どんな憎悪のメトロポオルをも散策する

    きみはちいさな恢復とちいさな信頼をひつようとしていると

    医師どもが告げるとしても

    信じなくていい

    きみの喪失の感覚は

    全世界的なものだ

    にんげんのおおきな雪崩にのってやがて冬がくる

    きみの救済と治療とはそれをささえることにかかっている


    きみのもうひとりのきみはけっしてかえってこない

    きみはかれが衝げき器のヴォルテイジによってかえると信ずるか

    おう それを信じまい

    きみの落下ときみの内閉とは全世界的なものだ

    不安な秋を不安な小鳥たちがわたる

    小鳥たちの無言はきみの無言をうつしている

    小鳥たちが悽惨な空にちらばるとき

    きみの精神も悽惨な未来へちらばる

    あわれな不安な季節め

    きみが患者としてあゆむ地球は

    アジアのはてに牢獄と風てん病院をこしらえている

  • 七色息子
    七色息子七色息子

    見城さん、ありがとうございます。余計なお世話だなんてとんでもございません。おっしゃる通りです。今の自分は綺麗事の中だけでしか生きていません。現実を生きなければと、ずっとずっとモヤモヤモヤモヤしながら未だ夢の中で生きています。

    昨夜、感想を書きながら、朝、自分の感想を読み直しながら、その自分の情けなさに途轍もなく惨めな気持ちになりました。それが事実です。

    「夢から醒めて見る夢こそが人間を成長させる。」

    夢の中で、妄想と自慰行為の傍ら、一時の安易な自己嫌悪の後に、変わりたい、変わりたい、成長したい、成長したい、と口先だけで言い続けている私にとっては、途方もなく遠く感じてしまう言葉です。

    「歪んだ像を結ぶ鏡を自らの手でぶち壊す勇気を持って欲しい。」

    その勇気、その覚悟が、今の私にはありません。でも、今のままそれで良しとは微塵も思っておりません。

    虹を消します。夢を消します。自分の吐いた血へドの中から言葉を絞り出します。


    本当に私はダメダメですね。見城さんの言葉が、嬉しくて嬉しくて、また夢を見てしまっています。

    それではいけません。精進致します。
    歪んだ像を結ぶ鏡を自らの手でぶち壊します。

    見城さん、こんな何処の馬の骨とも分からない私に言葉を掛けて下さり、本当に有難うございます。

  • 七色息子
    七色息子

    ↑こんな言い訳じみた文章を書く暇があるなら、さっさと現実に踏み出せ、夢を消せ、虹を消せと、自戒します。

  • 七色息子
    見城徹見城徹

    七色息子へ。

    七色の虹が終わる時、息子は父にならねばならない。少年は男になり、王子は王となる。
    現実と折り合い、自然と和し、時間に染まる。つまり、成熟するのだ。悪を引き受ける。矛盾を呑み込む。
    十二の原色を全部混ぜると深い黒になる。
    真昼の明るさに夜の闇の深さが解るものか。
    ニーチェの言葉だ。
    人はやがて漆黒の闇を生きねばならない。
    それがこの世に生を受けた者の宿命だ。
    七色息子は漆黒の父になる。
    そこからだ、人生が始まるのは。現実、自然、そして時間。
    [無謀漫遊記]は人間の宿命と戦う人々、ひとりびとりの物語なのだ。

  • 七色息子
    七色息子

    見城さん。有難うございます。

    見城さんのメッセージに対して「はい。分かりました。頑張ります。」と二つ返事で御返答させていただくのだけは憚られます。だからと言って、今の自分の言葉で熟考してみたところで、今の自分が絞り出す言葉は、どれも見当違いになってしまいます。それがとても歯痒いです。悔しいです。惨め以外の何ものでもございません。その申し訳なさに、今は嗚咽しか出ません。嫌なことばかりです。自分勝手で、ズル賢くで、不条理で、本当に嫌なことばかりです。そう思ってしまう自分が何より嫌で嫌で堪りません。そのすべてを受け入れます。そのすべてに晒されます。そのすべてになります。漆黒の父になるための、宿命と戦うための、そこからが始まり。覚悟致します。

    …やはり、今の私は、上っ面な言葉しか発することができません。本当に申し訳ございません。見城さんのメッセージに応えることができるほどの 自分の言葉を見つけます。必ず見つけます。

    見城さん、本当に有難うございました。

  • 七色息子
    見城徹見城徹

    七色息子。秋元康に「七色息子を読んでくれ」と頼んだのは僕だ。だから、僕は君にいつか引導を渡さなければならないと思っていた。偉そうに言わせてもらう。
    君には見込みがある。この切ない現実を逃避してはならない。現実と交わい、戦い、和せ。それでも吹きこぼれるものがある。その時、君は表現者として立っている。

  • 七色息子
    七色息子

    はい。身を粉にします。どんなことでもします。恥を晒します。現実と交わります。実践者になります。その現実と戦います。そのすべてを受け入れます。その現実と和してみせます。怖いです。震えるほど怖いです。涙が止まらないほど怖いです。でも歯を食いしばって言葉を絞り出し続けます。見城さん、宜しくお願い致します。

  • 七色息子
    七色息子

    最後の言葉が正しいかどうか自分にはもう何も分かりませんが、これが私の最初の言葉です。

  • 七色息子
    見城徹見城徹

    ⬆︎ 七色息子。再リトーク、申し訳ない。
    自分の思考の流れを整理しておきたかった。
    [無謀漫遊記]に全ては発しているからだ。

    1
  • 七色息子
    七色息子

    滅相もございません。

    [無謀漫遊記]を私は一生涯に渡って、常に現実の夢の指針として、この胸に留め続けます。もう余計なことは妄想しません。綺麗なままではいません。悪を引き受けます。矛盾を呑み込みます。現実と交わい、戦い、和してみせます。歯くいしばってくいしばって頑張ります。これ以上言葉にすると覚悟が軽くなってしまいそうで怖いので、あとは血ヘド吐くまで。見城さん、この度は本当に有難うございました。

    大丈夫です。 見城さんからの引導、しっかり受け止めました。 夢から醒めて、現実の夢を見ます。