ログイン
AKB48 Team8を今よりもっと好きになるためのトーク🐝
トーク情報
  • Tori-san
    Tori-san

    イベントが終わったからと言っても変わらない

    というのも明日は


    「AKB48全員集合!17時間配信」!! 総勢89名のAKB48全メンバーが出演し、9月19日(日)7時から24時まで17時間ぶっ通しでライブ配信を行います!!


    て企画があるため、きっと7時前にしか配信出来ないからかな?🤔


    僕はこのイベント期間、イベントに参加しているメンバーはもちろん全メンバーの配信を見に行かないと決めていたのですが、今日最終日はさすがに華恋ちゃんのルームに行ってしまいました

    それでも2枠だけで、星投げと50カウントしただけですけどね


    華恋ちゃんは最終枠の配信で4位から2位に上がりました

    ほんの少しではありますが、応援した華恋ちゃんが順位を上げたのは当然嬉しいのですが、逆にゆうなが4位に下がってしまったのを見ると、やっぱり辛いです

    応援することで別の人が泣いてしまうことになるのは仕方ないことなんでしょうが、中々割り切れません


    毎日アイドルを継続しているゆうなに杏華ちゃん


    継続して頑張っているメンバーもしっかりと評価される組織であって欲しいですね

  • Tori-san
    Tori-san

    懐かしいまとめをひとつ

    http://akb48team8.net/archives/8-477.html


    これはひぃちゃんが、2017年6月に行われた総選挙後のSR配信の中で自分自身が現在置かれている立場について話したことをまとめたものです


    ランクイン出来なかったこと
    そこから、初期の頃と比べて、また最近の周りのメンバーと比べて明らかに人気面で落ちて来ていることから

    「私はエイトにいて良いのかな」と

    確かに、2年目後半からゆいゆいの人気が上がって来て、また初期の頃は中々前に出て来ることのなかった関東のお姉さん組の握手会人気も上がって来てました

    そんな中、最初からエリアのセンターを任され、人気もエリアで1番の存在だったひぃちゃんは、その位置をキープすることが難しくなって来ました

    ただ、エイトの方針として、初期の頃はセンター固定でやっていたところが2年目以降は地元優先に切り替わって行ったため、例えば、初期の頃のイベントでは、茨城県でもりんりんがセンターではなくひぃちゃんがセンターを務めるとか

    しかし、2年目以降の関東エリアのイベントでは、千葉ならななせ、山梨ならひだあや、神奈川ならおだえりと言うように変わりました


    その変化は、ひぃちゃんにとっては目立つ機会が減ったことにしかなりません


    見る側は単純で、やはり目立つメンバーに会いに行きがち

    なので、イベントでも握手会でも、以前ひぃちゃんが目的だった人が別のメンバーに変わることが増えて来る訳です


    総選挙後のひぃちゃんのこのネガティブな状態は年末辺りまで続きます


    年末にガラッと変わった訳ではありませんが、ガラッと変わるきっかけを掴むんです


    2017年12月辺りに、48Gの全メンバーにある企画の発表がなされます


    それがProduce48の企画です


    ひぃちゃん始め🐝からは確かみうちゃん、おだえり、いくみん、せりかちゃんが参加を希望し、2018年4月から事前のレッスンが韓国で始まりました


    その後のことは、ある程度みなさんの知っているところで、🐝からはひぃちゃんのみが最後の12名に勝ち残り、IZ*ONEとしてデビュー


    そして、4年前のネガティブさのカケラも見えない現在のひぃちゃんが存在する訳です


    ひぃちゃんとツーショット写真を撮れたことを報告するひゆかちゃんのSR配信の様子がYouTubeにアップされていましたが、そのコメント欄に韓国の方と思われるひぃちゃんのファンがこんなことを書いていました

    「ひぃちゃんも以前は上手く行かないことがありました。ひゆかちゃんもこれから頑張って下さい」


    コメントの主がひぃちゃんのいつのことを言っているのか分かりませんが、それが🐝で活動していた頃のことを言っているにしても、IZ*ONEとして活動していた頃のことを言っているにしても、さほど大きな意味の違いはないですね


    ちょっとしたきっかけで人生って変わるし、また変わるきっかけの波が来た時に、それに気づけるか、また気づいたとしてそれに乗れるのか後回しにして乗れずに終わるのかですよね


    ひゆかちゃん始め🐝のメンバーにはまだまだいくらでも変われるチャンスが巡って来ると思います


    その時に、踏み出す勇気と踏み出した後に倒れてしまわないだけの準備をしておかないとですね🍀

  • Tori-san
    佐藤さん佐藤さん

    個人的には浅井七海さんに次期総監督に就任して欲しいです。浅井七海さんみたいな穏和で優しいけど秘めた熱い想いを持たれた方がトップになられた方が組織は良くなると思います。ギラギラしたエリートがトップに立つと組織も周りもギスギスして組織崩壊するのはよくある。
    トップは穏和でニコニコして優しい心遣いができる人が良いです。優しさの塊のような浅井さん、ピッタリだと思いますけどね。

    かつてアイゼンハワーが米国大統領になったから世界平和をなんとか維持できたけど、あの時にスーパーエリートのマッカーサーが大統領になってたら第三次世界大戦で地球崩壊してたかもしれない。

  • Tori-san
    Tori-san

    僕もトップに立つ人のタイプとしては似たような考えを持っています

    次期総監督に誰が相応しいかなんて僕みたいな者が言うのは恐れ多いですが、以前からリーダーに関しては、その職に就きたいと思っている人が就くべきではないと考えているので、浅井七海さんにはなって欲しくないと思っています

    向井地美音が昨年だったかに、総監督になりたいと言っているメンバーがいると田口愛佳と浅井七海の名前を公言していました


    何故なりたいと言っている、立候補するメンバーが相応しくないと考えるかと言うと、単純に総監督という役職は、周りのメンバーをしっかり見れること、気遣いが出来ることが要求されます

    前を向くというより横や後ろ、それだけじゃなくその場にいない人にまで目を向けなくてはなりません

    その職に就きたいという人は、基本的に前を向くタイプの人です

    もちろん前を向く、向くべき方向はこちらだとみんなを引っ張ることも必要ですが、我れ先にと行くタイプの人は、後れを取る人に気づき難い


    だから、これは以前から言っていますが、ゆいゆいみたいに周りに誰がいて誰がいないかをちゃんと把握していて、かついない人にしっかりと気遣いの出来る人がなるべきだと思っています

    何よりゆいゆいには求心力がありますしね

    彼女が参加しているユニットIxRのメンバーたちのこれまでのゆいゆいへの接し方の変化を見れば、ゆいゆいに求心力があることに気づかされます


    個人的には総監督という職って必要?って思っているので、もし誰か選ぶならという体で書きました


    ちなみに🐝から総監督を選ぶならゆいゆいですが、それ以外なら湯本亜美が相応しいんじゃないかと思っています


    それと、全く別件ですが、ゆいはんの卒業コンサートが11月27日に決まりましたが、このコンサートでみっさーに『月と水鏡』を歌って欲しいなと思っています


    現状、出演メンバーに選ばれることすら難しいかも知れませんが、もし可能ならと🍀


    ※添付動画は、以前載せられなかった2019年のリクアワで『47の素敵な街へ』が1位を獲得した時の曲披露後のゆいゆいのコメント
    こういった発言が出来る人がリーダーにならなくて誰がなるんだ、って思いません?
    ちなみに、コメントは求められませんでしたが、この場にいたはっつは、手のひらに当時の三重県代表だった同期のひなのん(野田 陽菜乃)の名前を書いてステージに上がっていました
    中学生のメンバーが時間の都合でステージに上がることが出来ないと言い渡されてから時間にしてきっと5分もなかったはずです
    どこでマジックを見つけたのか知りませんが、はっつはしっかりと手のひらに名前を書いてステージに上がったんですね


    そんなことが出来るメンバーは総監督になりたいなんて言わないものですよ

  • Tori-san
    Tori-san
    投稿画像

    はっつが手のひらにひなのんの名前を書いていたのがこれです

    わずかな時間でこういった行動が出来るのは、普段から仲間を思っている証でしょうね