ログイン
乃木坂46 2期生と乃木坂46応援トーク⊿乃木坂株式会社
トーク情報
  • なおぽん7⊿5/24レミゼ♪
    高架線のカフェテリア高架線のカフェテリア

    #1564『伊藤純奈論 cry for the moon』

    伊藤純奈、22歳。
    8年間在籍した乃木坂46からの卒業を発表。
    そんな彼女の「あの日の決断」とは....

    アイドル好きの兄の影響で、共に乃木坂を応援していた少女に転機が訪れたのは中学2年生の時であった。ある日「乃木坂46第2期生オーディション」がある事を告げられ、オーディション締め切りの前日にそんな話があったなと思い出し「受けなきゃ!」と急いで履歴書を送った。そして見事合格。まるで運命の様なスタートであった。当初、人見知りが多い2期生の中で仲良くなったのは堀未央奈・北野日奈子であった。そんな2人が瞬く間に選抜入りを果たす中、当の伊藤純奈は研究生のままであった。だが彼女は自分の事より、先輩だらけの選抜の中でもがき悩む2人を心配をしていた。当時、堀未央奈がセンターに抜擢された時、泣きながら電話して来た事もあった。続いて北野日奈子が初めて選抜に選ばれた際も夜な夜な相談に乗っていた。彼女の中でそんな2人にライバル心は無く支えたいと思うようになっていた。さらに、研究生であってもそこから1人で上がって行こうとは考えず、この研究生の結束を高めようと考える性格で。そんな伊藤純奈は「元々、人と競うのは向いてない」と語る。

    乃木坂46加入当初、どこかアイドルらしく可愛くしてなきゃ行けないと無理をしていた。そして自分を偽っても結果は出ないまま更に悩む様になった。本当はもっと自分らしく居たいのに。そんなアイドル活動の中での生き甲斐が「アンダーライブ 」であった。そこではいつでも熱くなれるし、何よりステージに懸けるメンバー達の意気込みは高く、そこではメンバーの序列もなく、彼女が描いていた「みんなで高め合えるみんなが主役の空間」そのものであった。千秋楽、達成感のあまりステージ上で号泣した事もあった。

    だけど、選抜メンバーがTVや雑誌で活躍する姿を決してスルー出来た訳ではなかった。やっぱり憧れがあったのが本音だ。そんな中でも、彼女の中で一番の憧れの存在が、橋本奈々未であった。好き過ぎて加入当初はまともに話せた事もないぐらい。「そのままの私でありたい」と願う伊藤純奈にとって、ショートカットの彼女の存在は「自分らしさを貫いている」象徴であった。そんな憧れの存在を遠くから見て研究してみたが、到底真似できる事でもない。だからあくまでもその想いは自分の中にだけしまって置く事にした。

    そして時は流れ、研究生から昇格し正規メンバーになったものの、伊藤純奈はアンダーメンバーのままであった。そして何よりその頃の彼女は「何の取り柄があるんだろう」そう悩む様になっていた。そんな中、全国ツアーのリハーサルのある日、たまたま橋本奈々未と話すタイミングが訪れた。いきなりこんな質問をぶつけては申し訳ないと思いつつ、こんな機会はそう訪れないと覚悟を決め、自分の悩みを初めて口に出した。

    「私には何のキャラもなく取り柄もないんですが、橋本さんはどうやって自分のキャラクターを見付けたのですか?」

    何を言ったか覚えてないぐらいの緊張ではあったが、目の前の先輩は優しく応えた。

    「キャラクターなんて私にもないよ笑」

    その回答には驚いたが、それは決してその場しのぎの軽い答えには聞こえなかった。

    「自分がどうなりたいのか?と実際出来る事は違うと思う。だったら、今出来る事から始めてみるのが良いと思う。私もそうだから」

    伊藤純奈の中で、目の前の道が開けた瞬間だった。確かに自分も選抜メンバーに入ってTVの音楽番組で踊ってみたい。そんな夢があるのは本音だ。だけど、今私に出来る事は、今私が心からやってみたい事は、舞台だ。大好きなお芝居だ。実際、彼女の舞台での演技は関係者やファンの間では評判になっていた。だが、そこでの評価が必ずしも選抜入りに結び付く物ではないという事実も彼女は自ずと分かっていた。だけど、何の取り柄もない私だけど、舞台が好きというその気持ちだけは誰よりも強い。だったら、その道を極めてみよう。そう決意した。

    もしかしたら、その瞬間から、伊藤純奈の中で「選抜」という二文字は潔く遠い存在になってしまったのかもしれない。そして今日に至るまで、一度も選抜入りを果たす事はなかった。でも、私は知っている。舞台上で眩ゆい輝きを放っている、役者・伊藤純奈の存在を。その立ち姿、その歌声、そしてその演技力に何度も魅了されて来た。だから私は悔しいとは思わない。彼女のあの日の選択が間違っていたとも思わない。

    だって、伊藤純奈はこれからの演劇界を担う存在になれると、確信しているのだから。

    そんな彼女の8年間の健闘を称え、今心から言える。

    伊藤純奈、卒業おめでとう。その道を信じて。

    1
  • なおぽん7⊿5/24レミゼ♪
    高架線のカフェテリア高架線のカフェテリア

    #1565『渡辺みり愛論 thanks a million』

    渡辺みり愛、21歳。始まりは8年前、13歳。

    100万人に愛される存在になって欲しい。そんな両親の想いでみり愛と名付けられた。元々ももいろクローバーZが大好きな中学1年生の少女がアイドルへの憧れを抱き「乃木坂46第2期生オーディション」に応募、そして見事合格。人見知りだったが、当時最年少という事もあり先輩メンバーから可愛がられる存在に。だが加入したての2期生は「研究生」の立場。中々表立った活躍は出来ずにいた。だからこそたまにあるお仕事に対しては全力で挑んだ。動画コンテンツ「乃木坂って、ここ!」では苦手なバンジージャンプにも果敢に挑戦した。以降の彼女も、こうすれば目立てる、こうすればきっとファンの方は喜んでくれる、とありとあらゆる事をやった....だが、次々と正規メンバーに昇格する2期生の中、彼女は研究生のまま。本当はもっと冷静で大人びている自分、けれど求められる髪型はツインテールで幼びたイメージ。「私はこのままでいいのか?」と悩む日々が始まる。

    高校生になった頃、いつまでもそのイメージでは通用しない事を悟った。その年の初めに研究生から正規メンバーに昇格した時も、嬉しさより「時期が来たから昇格させてもらったのかも」と内心複雑な心境であった。同期の堀未央奈、北野日奈子、新内眞衣の様に自分も実力で上がって行きたかった。だから当時は隠していたが、本当は悔しかった。彼女の模索の日々は続く。

    そんな思いを抱えたまま2015年の神宮球場ライブ、日本武道館でのアンダーライブを通して「初めて自分の納得するパフォーマンス」が出来た。すると握手会でも「みり愛ちゃんのダンスが好きです」というファンの声が増えた。自分を偽らず、ちゃんと努力を重ねれば想いは伝わるんだと実感した。

    「私はダンスに磨きを掛けよう」そう決めた。

    そしてトレードマークであったツインテールをほどいた。本当の自分であるために。そして翌年2016年には15枚目のアンダー楽曲「シークレットグラフィティー」にて初のフロントメンバーとなる。と同時にいつかはアンダーのセンターに立ちたいと初めて思った。その為にもっと努力しないと行けない。実際、次の16枚目「ブランコ」でセンターに立った寺田蘭世は自分より何倍も努力していたから。目標に向かって彼女は走り出した。

    2017年、17枚目「風船は生きている」で初のアンダーセンターに抜擢。その年に座長を務めた「アンダーライブ2017」の3日間は今でも記憶に残る公演となった。僅か12名のアンダーメンバーだけでキャパ8,000人の東京体育館の会場をしかも4公演も満席に出来るのか?というプレッシャーに襲われた。レッスン中に泣く事もしばしば、体調を崩しレッスンを休む事もあった。センターとして、座長としての孤独....だけど休んだ時、メンバーのみんなから届いたメールに励まされた。自分にはプライドもあって向上心も強い性格だから、どこかまだ素直になれずに居た。でもその1通1通の優しさが胸に沁みた。そしてライブ初日幕が開いた。目の前には満員の客席が拡がっていた。オープニングから自然と涙が溢れた。自分はひとりじゃない。支えてくれる仲間の頼もしさ、そしてファンのみんなの温かさが、センター渡辺みり愛の笑顔に変わっていた。

    アンダーのセンターを経験してから、音楽番組で選抜の代打として急遽呼ばれる事が増えた。そんな中「インフルエンサー」「シンクロニシティ」の振付師・Seishiro氏との出会い。この2曲は難関な振り付けであるにも関わらず、そこに同居するしなやかさと力強さの表現に魅了された。より本格的にダンスと向き合うきっかけとなった。

    そして2019年、23枚目シングル「Sing Out!」にて初の選抜メンバーに。しかも振り付けを担当するのは憧れのSeishiroさん。そのMV撮影の時「みり愛の為の見せ場もあるから」とセンターで踊るシーンが用意されていた事に「ちゃんと私のダンスを評価して頂いてたんだ」と嬉しさが込み上げた。彼女にとってこれまでの6年の歩みが実を結んだ瞬間であった。

    そんな彼女も2021年5月16日、卒業を発表。
    全ての活動を振り返った時、悔いがないと言ったら嘘になるが、今はとても前向きな気持ちだ。

    成功と呼べる事だけが全てではない。そこに流れた汗や涙、そして掛け替えのない経験、その全てが彼女の歩みであり、その全てが宝物。

    そんな彼女の生きた証しは、後輩へと受け継がれる。みり愛さんの様にカッコ良く踊りたいと憧れるメンバーが多いのがその証拠だ。

    紛れもなく彼女は、多くの人に愛された。

    抱え切れない感謝を込めて。卒業おめでとう。

    3
  • ろんじー
    ろんじーろんじー

    (star)5月19日(水)のスケジュール(star)

    【TV】
    〇22:57~23:00 MBS「水曜日のハウマッチ?」鈴木絢音
    〇23:15~24:15 テレビ朝日系「お笑い実力刃」秋元真夏
    〇24:15~24:45 テレビ朝日系「ブイ子のバズっちゃいな!」秋元真夏

    【ラジオ】
    〇9:40〜9:50頃 InterFM897「『OH! HAPPY MORNING』内コーナー『OH! HAPPY TALK』」筒井あやめ
    〇13:00~14:55 TOKYO FM「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」山崎怜奈
    〇23:40~25:00 文化放送「レコメン!」田村真佑
    〇24:00~25:00 MBSラジオ「ザ・ヒットスタジオ(水)」早川聖来
    〇25:00~27:00 ニッポン放送「乃木坂46のオールナイトニッポン」新内眞衣、伊藤純奈、渡辺みり愛

    【雑誌】
    〇「anan」山下美月
    〇「blt graph.」樋口日奈

    【WEB】
    〇SHOWROOM「のぎおび」
    〇19:00~21:00 SHOWROOM「猫舌SHOWROOM」