ログイン
詳細
前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    見城徹

    ジム、終了。走りながら高校時代を思い出していた。とうとう後3ヶ月で70歳になる。僕の人生のクライマックスはまだ来ていないと思っている。
    嗚呼、我が人生の時よ、来い!

  • 見城徹
    見城徹

    1977年1月、中上健次の運転でロスアンゼルスからメキシコのティファナに向かった。途中サンディエゴのラホヤの海に面したイタリアンでランチをして、街を散策した。初めて見る西海岸の高級リゾート地は夢のような世界だった。サンディエゴは時間がゆっくりと流れ、暖かい日差しを浴びて沢山の人がランニングをしていた。それがジョキングというライフスタイルだとこの時に知った。メキシコとの国境を越えると豊かさから貧しさへ道も風景も一変した。夜のティファナは汚くて臭くて混沌とした街だったがエネルギーに溢れていた。中上健次はティファナを大いに気に入り、メキシカンたちと肩を組んでテキーラを飲んだ。40年前の新宮、ソウル、ティファナ。中上健次はその3つの場所によく似合った。

  • 見城徹
    見城徹
    投稿画像

    南青山の[鮨 龍次郎]にて。見事な鮨だった。
    今年は僕にとって鮨屋の当たり年だ。

  • 見城徹
    あん。あん。

    見城先生のトークを最近ご覧になるようになった方は思うはずです……。

    後、3ヵ月で70歳??
    書き間違えではないのか?そうに決まってる!と。
     
    ペットボトルでさえも、脚のくびれに嫉妬してます!きっと!

  • 見城徹
    見城徹

    [ジャージーボーイズ ]をまた観たくなってDVDを探したけど、見つからない。何処に行ったんだろう?3枚はあったのに!
    しょうがないから寝ます。