ログイン
Akihiromau5△のトーク
トーク情報
  • Akihiromau5△
    Akihiromau5△
    投稿画像

    本日の昼食は、箱根駅伝観戦後カオスの中(苦笑)小田原駅付近の鳥ぎんにて、砂肝・手羽先等の焼き鳥と共に写真の通り鮭といくらの釜飯をいただきました。御馳走様でした。 #鳥ぎん

  • Akihiromau5△
    藪 医師(中山祐次郎)藪 医師(中山祐次郎)

    オールナイトニッポン、たったいま聴きました。見城さんが出てきてからが異常に面白い!!!これからラジコなどで聴く方のためにネタバレになりますが、見城さんに
    「好きなじゃんけんの手はなんですか」やら「「好きな食べ物はなんですか」という些末な質問があり、それに丁寧に答える見城さん最高です。
    箕輪さんの人物評も、唸るほどするどく深い。久しぶりのお声ともに、とんでもない優しさとかっこよさ。痺れまくりました。

  • Akihiromau5△
    Akihiromau5△Akihiromau5△

    "海上自衛隊だけは国際慣例に従い、日没時に国旗を降下することになっています。これは大航海時代からの国際慣習です。海上自衛隊の艦艇では船の前方に国旗、船尾に自衛艦旗(旭日旗)を掲揚します。海のルールでは軍艦旗(我が国では自衛艦旗)を揚げることで戦時国際法や国際慣習法にある軍艦としての特権を受けることになります。憲法9条があるため、海上自衛隊の艦艇を軍艦と呼ぶことはできませんが、国際法のルールを守っているのです。それは外国からとやかく言われるものではありません。昨年10月、韓国の国際観艦式に招待された折に韓国から自衛艦隊旗を掲揚しないようにとの自粛要請がありました。しかし、繰り返しになりますが、自衛隊の艦艇は国旗や自衛艦旗を掲揚して航行するべき船であり、そのようなルールを無視した航行はできませんから、出席を見送りました。先日勇退された河野克俊統幕長が「海上自衛官にとって自衛艦旗は誇りだ。降ろしていくことは絶対にない」とコメントを残していますが、至極当然のことです。(略)「国旗とは何なのか? なぜ、国旗に軍人は敬礼するのか?」と元指揮官に聞いてみました。「国家、国の尊厳を表象するものだから、敬意を表すべきもの。海上自衛隊で言えば、国籍を表す旗は軍艦としての地位、権限を行使するのに必要なもの」との明快な返事が返ってきました。国旗はその国の誇りを形にしたものです。また自衛隊旗や自衛艦旗は日の丸と同様に自衛隊の連隊や艦隊の誇りを形にしたものです。日の丸が16条の旭の光を放つ旭日旗は、旧海軍の伝統を受け継ぐ洗練されたデザインの旗です。これも我が国の大切な旗です。しかし、我が国には国旗や国歌を嫌う人たちがいて、学校現場での国旗掲揚・国歌斉唱に反対する人たちもいます。自らの国の尊厳をそのように狭めて窮屈に考えてしまうこと自体に疑問を感じます。自衛隊にも学校があります。そこでは朝早くラッパの合図とともに新入隊員が隊舎から駆け出し、校庭に集まります。国旗を掲揚した後、体操したり学習したり課業を始めるのです。自衛隊の学校では国旗や自衛艦旗は文字通り生活の中に溶け込んでいました。(略) 自衛隊の誇りであるこの旗を掲揚するなという感覚がどうしてもわからないのです。私たちは自衛隊や在日米軍のように我が国の旗、「日の丸」を大切に考えているでしょうか? 我が国では国旗や国歌があまりにも蔑ろに扱われてはいないでしょうか。国民が国旗や国歌に自然な敬意を払えるような「普通の国」になりたい…。しみじみとそう思ったのでした。"、本当に重要ですね。掲揚するなとか言う人に対しては無視が一番。↓
    『日の丸と、韓国に批判される旭日旗に、毎日敬礼する自衛隊員の想いとは --- 日刊SPA!』 https://nikkan-spa.jp/1570094?display=b #日刊SPA #旭日旗

  • Akihiromau5△
    Akihiromau5△Akihiromau5△

    ↑"外務、防衛両省は24日、それぞれのホームページ(HP)に海上自衛隊の自衛艦旗「旭日旗」を紹介するページを新設した。韓国では旭日旗に対し「侵略や軍国主義の象徴」との批判が根強いことから、国際社会に正しい情報を発信する必要があると判断した。外務省のHPでは、旭日の意匠が海自や陸上自衛隊の公式の旗として採用されていることを説明。「半世紀以上にわたり自衛艦または部隊の所在を示すものとして不可欠な役割を果たし、国際社会でも広く受け入れられている」とした。"、SNS等で広まれば良いのですが...。
    参考資料 :『旭日旗 --- 外務省』 https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/rp/page22_003194.html #産経新聞 #外務省 #防衛省 #旭日旗

  • Akihiromau5△
    Akihiromau5△

    "「日の丸」に対しても、複雑な感情を抱く人々がいる。戦後75年が過ぎても、そうした人々から見れば、日の丸を掲げる行為そのものが、侵略戦争の暗い記憶を呼び起こすものにほかならない。東京五輪で旭日(きょくじつ)旗を振るのを禁止すべきだ――。最近、韓国の人々からは、そんな声も伝えられる。旭日旗は旧日本陸海軍の旗であり、いまも海上自衛隊の自衛艦旗である。日本政府は「(旭日旗が)政治的主張だとか軍国主義の象徴だという指摘は全く当たらない」と反発している。そう簡単に言い切れるものだろうか。昨年のラグビーW杯の観客席でも一部で旭日旗が振られた。わざわざ国際競技の場に持ち込む人の目的は何だろう。快く思わない人たちがいることがわかっている旗を意図的に振る行為に、「政治的主張」はないといえるのだろうか。旗がまとう背景や、使う人の意図によって旗は色々な意味を映す。受け止める人次第で見え方が正反対になることもある。"、そもそも今回のメインの(16条/八条)旭日旗とか以前の問題で、日章旗(日の丸)自体に複雑な感情ガーとか書く時点で理解に苦しむ...。↓
    『社説で海自の16条旭日旗を否定する朝日新聞の社旗は八条旭日旗 --- BLOGOS』 https://lite.blogos.com/article/429072/ #BLOGOS #16条旭日旗 #八条旭日旗 #旭日旗 #日章旗

  • Akihiromau5△
    Akihiromau5△

    "戦後日本の平和は憲法9条のおかげではない。外交努力に加え、自衛隊と、日米安保に基づく駐留米軍が抑止力として機能してきたから平和が保たれてきた。(略) そうであっても、日米安保には不安定な点もあり、空洞化や破綻を招かぬよう努力が必要だ。日本の集団的自衛権の行使には過度な制限がある。安全保障にうとい首相が登場すれば、有事に日米が守り合う関係になれず、同盟が危機に陥りかねない構造的な不安定性が残っている。(略) 米国の世界における相対的国力は低下しつつある。トランプ氏やオバマ前大統領が「米国は世界の警察官ではない」と語るなど米国には内向き志向が現れている。宇宙やサイバーなど新たな領域への取り組みも重要だ。中国の軍拡はなお急ピッチだ。成功した安保条約だが、そろそろ再改定が必要ではないか。産経新聞は平成23年、再改定案を提言した。「片務性」批判という条約上の不安定性を除くため、再改定で日米が真に守り合う関係を整えたい。日本自身が一層、防衛力強化に努めるべきはいうまでもない。その際、敵基地攻撃能力の保有を含め「専守防衛」から「積極防衛」へ転換し、日本の役割を増すことが必要である。"↓
    『【主張】日米安保改定60年 同盟発展が平和もたらす --- 産経ニュース』 https://www.sankei.com/smp/politics/news/200119/plt2001190002-s1.html #産経ニュース #産経新聞 #安保改定60年

  • Akihiromau5△
    Akihiromau5△

    "民主党の鳩山政権は、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設に関して、無責任な対応を繰り返し、米国の不信を招いた。安倍首相が政権復帰後、集団的自衛権の限定行使を認める安全保障関連法を成立させ、同盟を立て直したことは評価されよう。(略) 政府は、日米安保体制の重要性を国民に丁寧に説明し、日本が一定の負担と役割を担うことに理解を求めていかねばならない。日本を取り巻く安全保障環境は、なお不安定である。軍事、経済両面で台頭する中国は影響力を広げ、太平洋をはさんで米国と覇権を争う。北朝鮮は核開発を放棄せず、ミサイル能力を向上させている。(略) 同盟関係を安定的に機能させるには、自衛隊の役割を広げていくことが重要だ。安保関連法の制定で、自衛隊は訓練時の米艦艇などの防護を担うようになった。新協定に基づく米軍への給油も行っている。自衛隊と米軍の共同対処を新領域にも広げ、様々な事態に切れ目なく対応する体制を整える必要がある。"、産経・読売のOpinionは安定ですね。安保改定60年。↓
    『安保改定60年 日米同盟強化へ不断の努力を --- 読売新聞オンライン』 https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20200118-OYT1T50371/ #読売新聞オンライン #読売新聞 #安保改定60年