ログイン
詳細
秋元康

3日前の明け方、ちょっと、運動不足だなと思って、運動用のステップ台を一番高くして、昇り降りを開始した5歩目くらいで、バチッと音がしてその場に倒れこんだ。一瞬、アキレス腱を切ったかなと思ったが、肉離れらしい。少しは歩けるようになったが、まだ、痛い。

前へ次へ
秋元康のトーク
トーク情報
  • 秋元康
    秋元康
    あーちゃん☆ミ
    ラストレシピ観に行きました。企画が秋元先生でそれも楽しみでしたし、なにより秋元先生と二宮くんとの対談よかったです。満州と現代で受け継がれていくレシピに涙が止まりませんでした。最後の二宮くんの表情で全ての人情が報われ、更に進化していくのだと確信しました。

    ありがとう。

  • 秋元康
    中川 剛中川 剛

    2017.11.5記
    映画「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」
    現在公開中
    原作:田中経一
    監督:滝田洋二郎
    企画:秋元康


    映画って、どうしてこんなに素晴らしいのでしょうか。今夜、本当に素晴らしい映画を観ることができました。

    映画の世界にゆっくりと引き込まれて行き、ラストでは目が腫れるほど泣きました。命懸けの「料理」が時を越えて人と人を繋いで行く、熱意や信念、そして愛情も伝えていく。そんな感動的なストーリーが美味しさや香りまで伝わってくるような美しい描写と登場人物の感情や熱量が見事に伝わってくる超豪華俳優陣の名演によって胸のど真ん中に鮮やかに伝わってきました。

    佐々木充役を演じた二宮和也。
    山形直太朗役を演じた西島秀俊。

    どちらが主演かわからないほど、お二人とも素晴らしかった。山形直太朗の圧倒的な熱量が佐々木充に徐々に伝わっていくプロセスには本当に胸が熱くなりました。これ以上詳しくは書けませんが、時を越えてなお人の胸を烈しく揺さぶるほどの山形直太朗の熱量。それを支える家族や仲間たちの熱量。そして、そんな熱量がスパイスの美味しそうでたまらない数々の「料理」。感動的でした。
    食べてみたい!と思わせる一つ一つの「料理」もとても印象的。特に、ラストシーンに出てくる「料理」、美味しそうだったなぁ。

    レイトショーを観終わり、夜な夜な感想を書きながら、自分の家族や大切な方々のことを考えています。感動で温まりまくった心で、色々と思いを巡らせています。心が震えるほど感動した映画の余韻に浸る幸せな時間です。

    最後になりますが、こんなにも温かくて熱い涙を流せる素敵な映画をご紹介下さった見城さんに心から感謝を申し上げます。「料理」は、こんなにも素晴らしいものなのですね!

  • 秋元康
    秋元康
    中川 剛
    中川と申します。映画「ラストレシピ」の感想をリトークいただき、誠に有難うございます。尊敬している見城さんが同映画を大絶賛なさっていたことで強烈に心惹かれ鑑賞したのですが、猛烈に感動しました。理不尽極まりない現実と命懸けで戦い切る山形直太朗の壮絶な生き様を描写しながらも、優しい「料理」によって心が芯まで温められていくストーリーに涙が止まりませんでした。最高でした!お返事をいただくには及びません。

    ありがとうございます。

    2
  • 秋元康
    秋元康
    ふーちゃん
    おはようございます。NGT48の2ndシングル「世界はどこまで青空なのか」のMV観ましたが、アイドルというか夢を見る人へのメッセージソングなのかなと受け取りました。 MVは前作の青春時計の穏やかでフワフワした感じとは違い、非常にエモーショナルで深読みしたくなる内容で、同じ監督さんが撮ったものとは思えませんでした。 素晴らしい作品を大好きなNGT48に与えて下さってありがとうございます。

    ね。

    2
  • 秋元康
    秋元康

    朝から、来年の新しい企画のために。あちこちにラインを打っていた。もう一仕事終えたような気がする。早朝から、ラインが飛び交ったみなさん、お疲れ様。

    7
  • 秋元康
    秋元康
    霞ちゃん♡
    今日「ラストレシピ」見てきました。内容も何も知らずに身始めてエンドロールで初めて秋元さんの企画って知りました。久しぶりに映画らしい映画見た気がしました。仕上がりが滝田監督らしい流れで嬉しかったです。

    ね。

    1
  • 秋元康
    秋元康
    48&坂道グループ=生き甲斐
    先程、映画「ラストレシピ 」を観て来ました。 昨日、原作の小説を読み終えたのですが、映画も料理を通じた心温まる素敵な物語でした。主演の二宮和也さんもさる事ながら西島秀俊さんの熱演には心引き込まれるものがありました。 久々に映画で泣けました。本当に観ないと損な映画だと思います。

    ね。

    2