ログイン
詳細
前へ次へ
秋元康のトーク
トーク情報
  • 秋元康
    七色息子七色息子

    昨日のレコ大での「インフルエンサー」楽曲披露を何度も見返してる。メンバー皆んな1人1人が、目の前の1曲に魂を込めることによって、全員の想いが1曲に集約することによって、その1曲が ここまで昇華するものなのかと、その感動に身体の震えが止まらない。楽曲って、こんなに進化するんだ😭✨

    酸いも甘いも苦いも笑いも、この1年、この曲と共に、ずっと突っ走ってきた。そんな怒涛の1年を締め括る最後の舞台で、最速最高難度の この曲を、一糸すら乱れず情熱的に披露しきった彼女達が最高にカッコ良かった!!良い年末😊❣️

    7
  • 秋元康
    七色息子七色息子

    真っ暗な仮面を被った無様な星たちが持っている自意識、そんな恐れや恥ずかしさを和らげてくれる夜のとばり、または、宇宙のベールに包まれ 詩を書き歌う その安らぎは、波の様に寄せては返す心苦しさから自分を守ってくれる。

    そんな暗闇に対する偏愛。

    想像だけの愛の世界や、都合のいい思いやり は、闇の中にいる時の自分しか救うことはできない。気休め。

    誰からも見られていない、それは神秘でもなんでもない、そうやって光は消えてゆく。

    理想と現実を分かつ水平線が見えなければ、自分もセンチメンタルな光となって消えるだけ。

    消えてしまいたい、なんて思っていたら本当に消えてしまうから。

    だから、暗闇のその中で、目を凝らして自分を見つめなければならない。理想とのギャップに打ちひしがれ 消える その前に。現実から目を背けず、たとえ どんなに無様でも、わがままに強欲に、傷つき狼狽え生きている、そんな自分から目を逸らしてはいけない。

    理想を脱ぎ捨て、自分の無力さに気付き、故郷に想いを馳せて泣き言を叫ぶような、そんな ありのままの姿こそ、暗闇のその中で、新たに昇るRを描くために必要な光なんだな と思った。

    その光は、理想的な光でもなんでもなく、ただ未熟で無様なだけかもしれない。それでも、その光が必要なんだ と、この曲がSTU48メンバー皆んなの背中を力強く押してあげているような気がして、ひとりで感動している😳✨ 本当に素敵なデビューシングル。こんな応援歌もあるんだなあ😭✨

  • 秋元康
    秋元康
    武藤小麟(AKB48 16期研究生)
    新年あけましておめでとうございます。AKB48 16期研究生の武藤小麟(むとうおりん)です!コメント失礼します。今年はAKB48の年って胸を張って言えるように、グループに貢献できるように頑張っていきたいです!今年もよろしくお願いします!!

    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

    4
  • 秋元康
    秋元康
    神楽(かぐら)
    暗闇を今聴いていていたら、今の自分と重なって涙が出てきました。。素敵な歌詞をSTU48にくれて、ありがとうございます。。

    ね。

    3
  • 秋元康
    秋元康

    HKT48の専用劇場がなくなってから、どれくらい経つのだろう?運営は、新しい専用劇場を作る気があるのかなあ。ちゃんと進んでいるのだろうか?メンバーが頑張っているから、早くできるといいなあ。

    74
  • 秋元康
    秋元康
    インドメタシン
    ラストアイドル2ndステージどえらい事になったなぁ~ ラストアイドル=小室哲哉 Good Tears=織田哲郎 Someday Somewhere=指原莉乃 Love Cocchi=つんく♂ シュークリームロケッツ=秋元康 各グループの担当プロデューサーがプロデュースして総当たりで勝負し表題曲を唄うグループを決める!こりゃ目が離せられへん!

    ね。

    3
  • 秋元康
    🔰豊永阿紀(HKT48)🔰🔰豊永阿紀(HKT48)🔰
    投稿画像


    「人生初の話」



    大変だ。

    人生初の経験をしている。






    私はいま、福岡の上空でこの文字を打っているのだが、想定外のことが起きているのだ。

    まずはじめに、交通機関を使う移動において、重要なことが何点かある。
    特に飛行機では、窓側か、通路側か。端のブロックか、真ん中のブロックか。前方か後方か。化粧室が近いか遠いか。など。
    その中でも最も重要なのが、隣席が誰か、である。

    もちろん、大抵はメンバーである。基本的にそれを想定している。座って行く中で隣の隣がメンバーだと、99%はその間もメンバーだ。これが私たちの普通である。

    だから、今日もそうだと思った。
    私は、後方の真ん中のブロック、通路側で、隣の隣はみくさんだった。座って立つのが面倒なので、隣が来るまで前の席のゆきちゃんと喋っていた。
    それでも、誰も来ないので、空席だ思い、座ることにした。
    その時、


    「お隣よろしいでしょうか」


    さて、冒頭にもどる。

    人生初の経験をしている。

    お隣よろしいでしょうか、の声に、
    はい、と立って横を見ると、
    なんと、その声の主は、あの制服をまとったCAさんだったのだ。

    そう、いま私とみくさんの間には、CAさんが座っている。

    そんなことあるのかと、ビビっている。

    お手荷物は全て前の座席の下にお入れしているし、この文もしっかり機内モードにして打っている。

    が、

    緊張している。

    切実なマニュアル不足である。


    だが、こんな機会、滅多とないので、
    思わず見てしまう。ウォッチしてしまう。

    CAさんは、まず、機内雑誌に目を通す。だが、もともと把握しているのだろう、読むスピードに感動。

    そのあとは、タブレットでなにかを確認しながら、こまめに腕時計を確認する。所作が美しい。さすが女性の憧れの職業。かっこいい。腕時計買いたい。

    そしてなにより、姿勢がいい。
    当たり前のことを言ってるように聞こえるだろうが、飛行機で2時間と少し、その姿勢のキープ、シンプルにすごい。

    そして、何より安心感がある。

    昨晩から福岡は大雨で、傘を持たずに家を出た私は、せっかくセットした前髪もまっすぐでここにいるのだが、まあ、それは置いておいて、とにかく今日は雨で、それに伴い飛行機も大きく揺れている。超怖い。ジェットコースター的怖さである。
    が、なんといっても、今日は隣がCAさんなのだ。一切動じないのだ。

    、、、かっこいい!!!!!


    研修なのだろうか。
    別のCAさんがブランケットやイヤホンを持って歩きだした頃、隣のCAさんが声をかけた。


    テ、テレビでみたことあるやつだーーーーーーーー!!!


    職業の裏側特集みたいな番組が結構好きな私はそう思った。本日何度目かわからない感動を覚える。

    頭上で交わされる会話。かっこいい。
    この研修を受けているCAさんは、いつか研修する側になって、この日のことを思い出すのだろうか。感慨深い、と、どこ目線か分からない感想を持つ。
    そもそも研修なのかも分からないが。


    そんなことを考えているうちに、東京につき、私の人生初の体験も終わった。


    かっこいい女性になりたいと思った。
    美しい女性になりたいと思った。
    腕時計を買いたいと思った。


    憧れの職業は伊達じゃない。
    憧れられる理由がある。

    もっと飛行機が好きになった、
    特別な2時間と少しでした。

    24
  • 秋元康
    秋元康
    外薗葉月
    HKT48team TⅡ副キャプテンの外薗葉月です! 今回村重さん選抜の「恋するRibbon!」の衣装作らせていただきました! 現実になってとても嬉しいです。 これからもいろんな方面からグループに貢献できるよう頑張ります! 任せていただきありがとうございます!

    お疲れ様でした。

    3