ログイン

#アウトプット

関連

  1. #学び
  2. #読書
  3. #マイブーム
  4. #755
  5. #twitter
  1. Junki Yamada

    その重要性を分かったつもりではいるものの、実際に出来ているかと問えば全く自信がない。
    正直に言えば、僕は人への憎しみや嫉妬が多い人間だ。

    「人に感謝すればするほど、心の平安は深まる」
    そんな言葉を今日は一冊の本で見た。GMO熊谷氏の「一冊の手帳で必ず夢は叶う」である。夢は常に肌身離さず持ち歩き、確認し、実現のための行動を続けることで叶うというのが本書の主題だ。人はとにかく忘れる

    個人的には強く納得したので、この本を読んで改めて自分の夢を達成するための行動計画(未来年表)を作っているところだ。今週一杯でまずは立てきる(仕事には必ず締め切りを設ける)。

    本書を読みながら、達成に向けた行動計画を作っていて感じたのは、人への感謝の心が不可欠であり、今の自分には大きく欠けているということだ。どんな時でも、人との繋がりは欠かせない。

    その感謝の心は、「努力」しないと得られない。人はすぐに否定的な感情に浸るからだ。

    では、感謝の心を得るためになすべきことは何かと言えば、親への感謝、命への恩を感じることから始まる(これが個人的には難しい。僕は親を強く憎んでいた)。 そして、何事からも学ぶ姿勢で、感謝の意を表することとのこと。

    人に何かをしてもらったら、しっかり目を見て感謝を伝えよう。1日3人には伝える(目標は必ず数値化する)。

    #読書 #アウトプット #学び

  2. Junki Yamada

    シンプルに考える

    お金をもっとたくさん稼ぎたい。
    だけど、思うように収入は増えていない。
    そんなことに悩んでいた僕は、「シンプルに考える」を手に取った。

    答えは、本当にシンプルだった。

    ビジネスの本質とは、求める者と与える者のエコシステムである。それは例えば、お腹が空いた人に、美味しい料理を出すことのように。

    いつの時代も、生き残ることができるのは、人々が(ユーザー)が求めるものを与え続けることができる者や会社のみ。

    大切なのは、人々が本当に求めているものを感じとる能力と、それを具体的な形にする技術を磨き続けること。そして、人々が求めているものが変化したときには、それをいち早く察知して新しいものを差し出すことである。

    プロフェッショナルとして、人々を喜ばせるために努力を惜しまず、常に顧客と向き合うこと。顧客が喜んでくれた結果がお金となって見えるようになる。

    自分は果たして、利用者が求めるものを提供できているのだろうか。自分のことばかり考えて、利用者から目を離していないだろうか。

    振り返ってみると、全然できていない。
    プロフェッショナルとして、ユーザーが欲しがっているものは何かを常に気にかけて、それを素早く提供できるように準備を怠らないようにしよう。

    とにかく、猛省。
    明日も頑張ろう。

    #読書 #アウトプット #学び