ログイン
詳細
前へ次へ
ログブック 筑紫島燕義(CS:スワローハリー)
トーク情報
  • 筑紫島燕義(スワローハリー)
    筑紫島燕義(スワローハリー)

    #田島芽瑠

    彼女については、東京公演後に結構書いたんですが、基本的な私のスタンスは変わっていません。

    やはり脚本や物語の筋を読んでアドリブを入れてほしいと思っています。
    理由は前に散々書いたとおりですので今回は割愛します。

    今回の福岡公演については、東京公演の時に比べて筋に沿っていたと思います。
    しかし、東京福岡と同じ演目を何回も観ているので、若干観手側にも飽きがきていたので、多少無理のあるアドリブも許容できたのかもしれません。

    ただ福岡公演を観ていて筋に沿ったアドリブだと、やはり脚本や作品全体の深みが増すんだと身をもって実感しました。

    と言うのも、福岡公演での彼女の芝居を観ていて思ったのが、やはり脚本に乗っている部分の台詞回しはかなり良いんですよね。

    ちょっと彼女のこと見直したんですよね。

    だから、アドリブを自分で振っても耐えれなかったり、途中で切り上げたりして、最後までやりきらないのが本当にもったいないと思いました。

    東京公演と福岡公演をとおして、自分でアドリブを振って良い流れでなのに中途半端なところで、演じるのを止めてしまうことが多く、非常にガッカリだったので、もし次回出演するチャンスがあるならば、途中で納得がいかなくても最後まで演じきるようにすれば、もっとその演目の内容を深い物にすることができますし、アドリブの精度も確実に向上して良くなると思います。

  • 筑紫島燕義(スワローハリー)
    筑紫島燕義(スワローハリー)

    #駒田京伽

    彼女は演じる役を見事に自分の物にしていたと思います。

    どの役もかなりキャラクターが強烈だったこともあるんですが、そのキャラを上手く演じきっていました。

    同じ役を他の方がやっても彼女には及ばないんじゃないかと思うほどです。

    アフターコントの彼女の要望で「普通の役がしたい」とのことで、私も短編映画以来のシットリした芝居を観れると思って期待したんですが、そうは問屋が卸しませんでした。

    またキャラが濃いんじゃ~

    ただ、東京公演と福岡公演をとおして脚本を読みきれてないと思いました。

    特に本編なんですが、クライマックスでチェチュチュが本性をカミングアウトした後、他の役と同じように驚いていました。

    今回の脚本では、彼女の演じた教師は、チェチュチュが元地元ローカルタレントである言うことを知っていて、これが暗殺阻止計画を立案する動機になっているわけです。

    とすると、カミングアウト時に驚くと言う芝居は後の、台詞に繋がりません。

    ただ、そうなるとクライマックスの配置で上手2人(豊永さん、駒田さん)のリアクションが薄くなるため、あえて全力で驚いたのかもしれません

    この場面の演じ方は、感情がどうなのか、同じくチェチュチュの本性を知っているマネージャー役の豊永さんとどう差別化するかなど考慮する事が多くて非常に難しいのは確かです。

    もし次回出演するチャンスがあるならば、もっと脚本を読み込んで役の時系列を整理して演じると、芝居に奥行きを持たせることができるはずです。

  • 筑紫島燕義(スワローハリー)
    筑紫島燕義(スワローハリー)

    #豊永阿紀

    彼女は脚本を本当に良く読み込んでいて、自分の中で役のキャラクターをしっかりと整理して演じていたと感じました。

    特に、マネージャー役でのクライマックスは、かなり悩んだそうで、チェチュチュを殺してでも暴露を阻止しようとするほどのチュチュに対する怒りを、どういう流れで自殺をはかる感情表現に持っていくか、東京公演では納得のいく答えを見出だせなかったようです。(公演後握手会時本人談)

    確かに私も東京公演を観ていて、気になるほどでではありませんでしたが、若干引っ掛かるポイントではありましたので、公演後にこの話を本人から聞き、引っ掛かった理由がわかりました。

    そして福岡公演では、本人的にも一応の完成形を見出だせたのか、東京公演よりもこのシーンでの感情表現の流れがスムーズになっていたと感じました。

    この緻密な役のキャラクター構成の詰め方は、今回の出演者の中で一番だったと思います。

    また、彼女のハイでもローでもない普通のテンションの時の台詞の言い回しが、ネットリとした特徴的で非常に味があり、違う役を演じる時でも彼女の特徴が香る感じがして、観ていると思わず前のめりになってしまいます。

    今回の東京公演と福岡公演でも、何度彼女の芝居で唸ったことか・・・。

    ただ、まだまだ役のバックグランドを匂わせる表現が薄いように思いました。
    次回出演する際には、役のバックグランドを意識して匂わせるような芝居ができれば、演じている役やその舞台全体のストーリーに奥行きがでて、深みのあるものになると思います。

    次回に物凄く期待しています。

  • 筑紫島燕義(スワローハリー)
    筑紫島燕義(スワローハリー)

    #下野由貴

    彼女についても、よく脚本を読んでいて作品の本筋と**をよく読みきっていたと感じました。
    特に**まで意識していたのは、今回の5人の中で唯一ではないかと思います。

    そして何より今回は、やはり観客を引き込む間の取り方は完璧だったと思います。

    東京公演でもまずまずの出来だったのですが、福岡公演は本当に完璧で、特に「開けちゃった日」では、注文後に店員役の豊永さんが服従の姿勢をとった後の台詞のない表情と視線だけの戸惑いの芝居、そして千秋楽での武田さんからの貧乳ネタのブッコミに対する「後で覚えてろよ!」までの間の引っ張り方は本当に絶妙でした。

    この場面について、実際に観ていた方にとっては、あえてお話しするまでもないと思いますし、他の方(加賀さん)の解説のなぞり書きみたいになるので気が引けますが、本当に素晴らしかったのであえて書きます。

    この場面は、田島さんからスタートした貧乳ネタに武田さんが被せてブッコんだ後に、彼女が電話を架けた姿勢で暫く何も発しませんでした。
    時間にして2~3秒と言ったところでしょうか、この時思わず武田さんが「何か言わないの?」だったと思いますが先に被せました。
    この被せの後、更に一呼吸間を取って「後で覚えてろよ!」と鋭い返しを入れました。
    おそらくですが、最初の2~3秒の間の後武田さんが被せてなければ、このタイミングで下野さんは返していたでしょう。
    と言うのも、観客が彼女の次の台詞に注目する絶妙の間だからです。
    しかし、実際は武田さんが先に被せました(被せてしまった?)。
    この時、彼女はすぐに返さず一呼吸おいて返しを入れたことで、この間で更に観客の次の台詞に対する注目を逃すことなく集め直し、武田さんの被せと相まった最高の返しとなりました。
    この間は引っ張りが甘いと注目が薄くて返しが弱くなるし、引っ張りすぎると観客に疑念を持たせてしまって返しがグダグダになってしまうため、この時の彼女の間の取り方は本当に絶妙でした。

    やはり、演目やジャンルの違いは有ろうとAKBGの中で最も劇場公演の舞台に立ち続けていることや、プライベートで色々な舞台やお芝居を観に行っているだけあって、劇場の空気を感じとる能力は今回の出演者の中でズバ抜けていると感じました。

    しかし、東京公演と福岡公演を通して課題が残ったのは、空間表現と情景表現まで気が回っていないところです。

    今回のような、最小限の資機材しかない舞台だとどうしても、空間や情景を台詞や視線、仕草で表現する必要があります。

    「そんなの当たり前で出来て当然じゃん」と思うかもしれません。
    確かに基本技術ではありますが、ブレイクコント「鳩」の際に伊達さんが、今座っている席はカフェのオープンスペースであることを言うところがあrんですが、東京、福岡公演をとおして何度もトライしていましたが、飯野さんと豊永さんとの絡みの中で、なかなか自然な形で表現できずに苦戦していて、観客側としてもしっくりきませんでした。

    この他に、声量や立振舞などの技術的なところもかなり良くなりましたが、まだまだ向上の余地は十分にあります。

    前々回の朗読劇、前回のキミコタ、そして今回の防衛少女と、回を重ねる毎に確実に伸びてますし、観客のみならず共演者やスタッフ等の期待も高まっています。
    なので、また次回出演する際には、先ほどの空間表現と情景表現や役のバックグランドを匂わせる表現などを意識すると、演じている役やその舞台全体のストーリーに奥行きができて、深みのあるものになると思います。

    次回出演時も大いに期待しています。

  • 筑紫島燕義(スワローハリー)
    筑紫島燕義(スワローハリー)

    #冨吉明日香

    あんなボロボロのコンディションの中で、よく演じきったと思います。

    彼女がHKT48で培ってきたキャラクターや経験の全てをぶつけた回になっていたと思います。

    今後彼女がどんな道に進むか分かりませんが、芝居にドップリ浸かってみてもいいかもしれないと思いました。

    これからの人生に幸あらんことを・・・

  • 筑紫島燕義(スワローハリー)
    筑紫島燕義(スワローハリー)

    #飯野智司

    田島さんとのあの絡みをなんとかできたのは本当にスゴいと思いました。
    あのボキャブラリーと言うか引き出しの多さと言うか・・・本当に拍手です。

    あと、今回飯野さんを間近に観ていて思ったのが、コーヒーの飲み方なんかの人間の行動表現が見事で、「鳩」の時のコーヒーの飲み方なんか、見えないですがカップの中のコーヒーの揺れ方が想像できました。

    また、色々な役にきちんとキャラクター付けができていたので、各コントのメリハリがついて良かったと思います。

    次回も楽しみにしています。

  • 筑紫島燕義(スワローハリー)
    筑紫島燕義(スワローハリー)

    #伊達さん

    今回も大変面白い脚本でした。
    特に、5人のメンバーの色を存分に引き出していたと思います。

    クライマックスでの伏線の回収も非常に良かったと思います。

    また、駐在さんなんかの弱々しいキャラクターも見事に演じていたと思います。

    ただ、脚本について何ヵ所か繋がらないところがありました。
    脚本が作品の全てではないので、脚本、演出、演者がそれぞれクロスして考えないといけないんですが、一ヶ所だけ脚本で歌わないとどうしようもない箇所がありました。

    それは、「開けちゃった日」の中でゾディ卿の能力を歌ってないことです。
    クライマックスで、下野さんがゾディ卿を読び、特殊能力で犯人を駆逐するんですが、「開けちゃった日」の流れでいくとクライマックスで呼ばれるのは、飯野さん扮する救助の人になります。
    なぜか・・・「開けちゃった日」で唯一能力を発揮したのが救助の人だからで、クライマックス時に下野さんの潜在意識の中に救助の人の存在はあっても、ゾデイ卿の特殊能力のことはありません。
    なので、「開けちゃった日」のコント中にゾディ卿の特殊能力を発揮するシーン、最低限言及しておく必要があったと思います。

    ああだこうだ、言いましたが今回も本当に面白い作品でした。
    次回作も期待しています。

  • 筑紫島燕義(スワローハリー)
    筑紫島燕義(スワローハリー)

    #加賀成一

    東京公演、福岡公演とおしてチェチュチュを演じきったと思います。

    ある意味一番脚本に忠実だったかもしれません。
    と言うより、加賀イズムですかね・・・笑

    何かもう言葉が出てきませんが、単独や主体的なクダリより、やはり誰かと絡んでのクダリが面白いですね。

    次回作品も楽しみにしています。

  • 筑紫島燕義(スワローハリー)
    筑紫島燕義(スワローハリー)

    ~エピローグ~

    #月刊加賀トークライブ

    防衛少女福岡公演の翌日、月刊加賀トークライブが開催されました。

    が!

    今回は、ゲストなし

    オファーしたものの、HKTメンバーどこらか大人のカフェも帰宅、そして白井マネージャーも東京へ・・・


    チケットもなんとか20数枚は売れたそうで・・・

    内容は、ひたすら防衛少女の振り返りで、共演者目線の感想を赤裸々に語ってもらいました。

    なかなか腰を据えて聞く機会がなかったので非常に感心させられました。

    次回は、ちゃんとゲスト来るのかな・・・

  • 筑紫島燕義(スワローハリー)
    筑紫島燕義(スワローハリー)

    =投稿後記=

    今回の絶対防衛少女は、出演者にとって得るもがかなり多かったと思います。
    そして何より観手側にとっても大変勉強になる作品でした。

    主だった印象としては、言い方は多少不適切かもしれませんが、無駄弾を打ち過ぎだと感じました。
    もっと、ネタを小出しにしても良かったと思いましたし、普通の舞台作品だと千秋楽でアドリブを連発したりして、俗に言う「壊し」の作業をして目の肥えた贔屓客の感謝祭みたいにしますが。

    今回は、スタートからかなり壊しが進んでいて、東京千秋楽で壊せたのか?といった感じでした。

    この「壊し」の作業は、同じ演目を再演する上で非常に重要だと私は考えていて、しっかり怖さないと客の頭にベースの流れの印象が残りすぎて、再演時に飽きが早くきてしまいます。
    ただ、壊しをやる上でもっと需要なのが千秋楽の前公演までにベースをしっかり作り上げることです。
    でないと、そもそも壊しと受け取られず、グチャグチャな流れがベースだと受け取れてしまいます。

    現に、今回の防衛少女では後者の現象が起きたと思いました。
    東京公演でベースが完成しきれず、福岡公演でやっとベースが出来上がった感じで、正直2日目以降、アドリブとか内輪ネタとかもキツ目じゃないと満足しないと言う飽きが会場に広がっていました。

    今回の、出演者メンバーにとってはこのベースの完成度の重要性を身をもって体験できたのではないでしょうか?

    あと、このベースの完成度を高める上で、重要だと思うのが、各出演者毎の感想でも書きましたが「奥行き」だと思います。

    例としては、「開けちゃった日」で下野さんが入店するところで、彼女はドアを開けて入店してから「こんなところに新しく喫茶店できたんだ」と発しましたが、この台詞は喫茶店に入る動機なので入店前に発するのが適当です。
    また、そうなった場合入店後に例えば簡単に「おしゃれー」やちょっと細かく「レトロな感じ」など、店の雰囲気を発すると空間の情景を表現できます。
    また、下野さんだけが歌わずとも「おしゃれー」のような抽象的な感想の後に、店員役の豊永さんが「1900年代初頭のニューヨークをイメージしてみました」と具体的な被せで歌うと空間の情景イメージが固まり、このコント全体の芝居に深みがまします。

    こう言った細かい表現を、脚本や演出をおこなった伊達さんだけではなく、出演者全員で詰めて行けるといいと思いました。

    と、ここまでああだこうだ言って来ましたが、本人は重度なロスに陥るほど楽しかったんですよ・・・笑

    次はもう同じ出演者で観ることができないかもしれないと思うと寂しさはありますが、新しい出演者がどんな芝居を見せてくれるのかと言う楽しみもあります。

    絶対防衛少女に関わった皆さん本当にお疲れ様でした。

    次回作も楽しみにお待ちしてます。

    最後に、

    ブラボー! #武田智加
    ブラボー! #下野由貴
    ブラボー! #駒田京伽
    ブラボー! #豊永阿紀
    ブラボー! #田島芽瑠
    ブラボー! #飯野智司
    ブラボー! #伊達さん
    ブラボー! #加賀成一
    ブラボー! #冨吉明日香
    ブラボー! #絶対防衛少女スタッフの皆さん
    ブラボー! #アイアはじめ関係者の皆さん

    #絶対防衛少女2018
    #絶対防衛少女2019
    #HKT48
    #大人のカフェ
    #栄光のラビリンス
    #アイアコーポレーション