ゆあたん

ゆあたん



神門が卒業してから、突然手紙が来ました。
内容はSKE時代はお世話になりました、と言うものでしたが、その中でも実は、
昨年、神門のお姉さんが25歳という若さでこの世を去っりました。
そのお姉さんが闘病中、病院で「朝が来た」を楽しみに観ていて、「365日の紙飛行機」をよく口ずさんでいたそうです。

“”365日の紙飛行機”に救われて最後まで希望を捨てなかったことを感謝して、秋元先生に手紙を書き、
僕はそれを、秋元先生に渡しました、

先日、それを読んだ秋元先生が、755にメッセージを書いて下さったと思うのですが、
それを見た時、自然に涙が出てきました。
神門に秋元先生が、755にメッセージくれているよと、連絡もしました。
神門からも、ありがとうございましたと、嬉しそうな返事をもらいました。

歌の力って、本当に凄いと思いました。

神門のお姉さんのご冥福を改めて、お祈り致します。
前の投稿
トークに戻る
次の投稿
リトークされていません
ゆあたん 湯浅洋

ゆあたん 湯浅洋

11,395,770ウォッチ
ゆあたん
オーナー

ゆあたん

再始動!少しずつ。