ログイン
詳細
吉田 0.60
投稿画像

2020/01/21の先生の投稿 会食、終了。 麻布十番[HIBACHI]にて。左からcube北牧社長。ファーストサマーウイカ。サイバーエージェント藤田社長。 藤田晋の奢りでした。 ※ワイン、向かって左より なんか凄いぞ😎 <1>ワイン白 ドメーヌ・ルフレーブ シュヴァリエ モンラッシェ グラン クリュ 1994 Chevalier Montrachet / Domaine Leflaive ⭐︎⭐️ 品種:シャルドネ 販売サイトより シュヴァリエ・モンラッシェの総面積7.6haのうち約2haを所有するルフレーヴは、ブシャール・ペール・エ・フィスに次ぐ大地主。モンラッシェを91年に手に入れるまで、ドメーヌの旗艦だったが、今なお、その実力は旗艦と呼ぶにふさわしい。パワフルさでは劣るものの、モンラッシェよりも一層ミネラルが強く、エレガントなグラン・クリュ。ピュリニー・モンラッシェ随一の造り手ドメーヌ・ルフレーヴ。全ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手といっても過言ではありません。ワインを造っている歴史だけを辿れば500年の歴史を持ち、設立からはおよそ200年の歴史を持っているピュリニー・モンラッシェの名門ドメーヌ。100年前から、既に優良生産者として認められており、イギリスで最も権威のあるワイン評価雑誌『デキャンター』誌(2006年7月号)にて、「白ワインの世界10大生産者」の栄えある第1位に輝くなど、今なお頂点に君臨しているドメーヌとして世界中のワインラヴァ―の垂涎の的となっています。また、ルフレーヴで特筆すべきことは、ビオディナミによるブドウ栽培であるということ。80年代末、ブドウ畑の状態に疑問を抱いたアンヌ・クロードは、地質学の専門家であるクロード・ブルギニヨンの講義を聞いたのがきっかけで、ビオディナミに 傾倒。故フランソワ・ブーシェの指導のもと、天体の運行に従って農作業を行い、自然界の物質から作られた特種な調合物で土壌の活性化を図る、ビオディナミ 農法を実践しています。 <2>ワイン白 ドメーヌ J・F コシュ・デュリ ムルソー ペリエール1999 Meursault Perrieres Domaine JF.Coche-Dury ⭐︎⭐︎ 品種:シャルドネ 販売サイトより もはや説明は不要とされる抜群の知名度を誇るコシュ・デュリのワインは、並行物では大変な高値がつくのはおろか、偽物まで出回るほどの希少品となっています。しかし、その名声にあぐらをかくことなく、畑第一主義で真剣にワインを造り続ける姿を見て、人々は彼を「白ワインの神様」と称賛するのです。そんな、世界中の愛好家が熱狂するコシュ・デュリの正規品を限定入荷致しました! ペリエールはムルソー3大1級畑のうちのひとつです。中腹よりやや斜面上部にあり、ペリエールという言葉とおり、ミネラルを多く含む土壌です。 特級に匹敵するとも言われ、引き締まった強靭な味わいが魅力です。ミネラルと果実味、酸が凝縮し、素晴らしい余韻が長く続きます。ゆっくりと熟成させて飲みたいワインです! <3>ワイン赤 DRC グランエシェゾー 1993 Domaine de La Romanee Conti Grands Echezeaux Grand Cru ⭐︎⭐︎ 品種:ピノノワール 敬意を表して 世界で最も貴重かつ高価な赤ワイン 【ロマネ・コンティ】! 【一言でいえば 『拍手喝采鳴りやまぬ』 といったワインである。】 神秘、奇跡とも言われる「ロマネ・コンティ」を単独所有する醸造元として、知らぬ者のない名門中の名門。略称としてDRCと呼ぶ場合が多いです。ラ・ターシュを始めとする、高名なグラン・クリュ畑を所有しており、ラベルにはワインごとにその年の生産本数と瓶詰め番号が記されています。 ドメーヌの現当主オベール・ド・ヴィレーヌの家系が、ロマネ・コンティの所有権を得たのは1869年。以来、同家はロマネ・コンティのオーナーとしてのみでなく、リシュブール、グラン・エシェゾー、エシェゾーの一部を所有する、小さいながらもブルゴーニュ最高の醸造家として名声を博してきました。 1933年にはラ・ターシュのすべてを買い取り、1946年にはロマネ・サンヴィヴァンの耕作権の一部を取得(1988年に畑を買収)、1963年にモンラッシェの数うねを買収と、「王冠」ロマネ・コンティの周囲を飾る数々の宝石を入手しました。原石に磨きをかけ、一層の輝きをそえてきました。この間、1942年にはドメーヌを会社組織にし、正式名称を「ソシエテ・シヴィル・デュ・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」としました。 リリースされるワインは次の通りです。ロマネ・コンティ、ラ・ターシュ、リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、グラン・エシェゾー、エシェゾー、モンラッシェ。 もちろんご存じのように「ロマネ・コンティ」「ラ・ターシェ」はモノポール。一番多いサン・ヴィヴァンで年産20,000本強。モンラッシェに至っては 3,000本以下。徹底したブドウの選別作業や収穫年の状態に合わせて行われる除梗、発酵温度は32~33度、必ずトロンセ産新樽100%による長期発酵、澱引きや濾過を最小限に止めて作られるDRCのワインは【飲み手の魂を吸い取る】とまで賞されます。「飲むより語られる事の方が多いワイン」と云われる事もしばしばですが、飲まないとわからない感動がそこにはあります。一度ご賞味ください。 【グラン・エシェゾー】は、クロ・ド・ヴージョのすぐ西に隣接し、【深い森を散策する夢見がちな貴族】という形容をされます。  昔、【グラン・エシェゾー】の名称はレ・ゼシェゾー・デュ・バ、いわゆる下の方のエシェゾーという風に呼ばれていました。本当に素晴らしいグラン・クリュであり、クロ・ムジョ村の一番良い部分のすぐ上に位置しています。ロマネ・コンティの北方約1km、有名なクロ・ド・ヴ-ジョのすぐ西に隣接している【グラン・エシェゾー】。9.14haの区画のうち、DRCは最大の3.1haを所有しています。赤や黒の果実の香りが凝縮されたような、まろやかでコクのある極めて魅力的なワインを生み出します。【深い森を散策する夢見がちな貴族】という形容もされます。 エシェゾーの土地に少し囲まれていますが、エシェゾーと比べると、土壌が深く、土の中の石が少なめの土地です。そのため【グラン・エシェゾー】のワインもエシェゾーより深く、フローラルでエレガントなワインです。そのエレガントさは、ロマネ・サン・ヴィヴァンに引けをとりません。 溢れんばかりのプラムやレッドチェリーのアロマ。バラ、スパイス、石灰のニュアンスが印象的。口に含むと黒果実系の濃密な果実味が広がり、強靭なタンニンが全体にしっかりとした構造を与えています。長い余韻の中に力強さを感じる、長期熟成向きの仕上がりです。長い余韻に魅了されます。圧倒的存在感を放つ力強い1本を、この機会に是非ご堪能ください。

前へ次へ
前略 見城先生
トーク情報
  • 吉田 0.60
    吉田 0.60

    「雨水(うすい)の期間の七十二候」雪が雨に変わり、雪や氷は溶けて水となる。

    初候 2/19〜
    土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる):雨が降って土が湿り気を含む

    次候 2/24〜
    霞始靆(かすみ はじめて たなびく):霞がたなびき始める

    末候 2/29〜
    草木萌動(そうもく めばえ いずる):草木が芽吹き始める

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60


    ありがたきお言葉
    褒めると図にのりますので…

    今度お会い出来る日まで
    GNOを実践し精進を続けます

    m(_ _)m

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60

    ごめんなむっちー

    努力していると思われたくないのさ

    「ニヤニヤしながらなんかキモく熱中している」が変態への褒め言葉なんだよ

    😆

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60

    755の見城先生の記録係を自認しています還暦のおじさんです

    手は動かせるけど頭は使ってないので気の利いた言葉も吐けません

    記憶力の衰退を検索能力で補おうとしています

    また、拙い投稿を大量にいたしますのでよくご認識の上フォロー願います(お気の毒さま)

    ついでに言うとかなり偏屈な自己中な人見知りですがよろしくお願いします

    😎

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60
    投稿画像

    2/20という日

    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/2月20日

    【出来事】
    1582年(天正10年1月28日) - 天正遣欧少年使節が長崎港を出港。

    1933年 - プロレタリア作家・小林多喜二が特高警察の拷問により築地警察署で死亡。(築地署事件)

    1946年 - ソ連が千島列島・南樺太の領土編入を正式に宣言。

    1968年 - 金嬉老事件。2人を射殺・13人を人質に温泉旅館に籠城(2月24日に解決)。

    【生誕】
    1844年 - ルートヴィッヒ・ボルツマン、物理学者(+ 1906年)

    1883年 - 志賀直哉、小説家(+ 1971年)

    1886年 - 石川啄木、歌人、詩人(+ 1912年)

    1929年 - 黛敏郎、作曲家(+ 1997年)

    1936年 - 長嶋茂雄、元プロ野球選手、読売巨人軍終身名誉監督

    1937年 - 山藤章二、イラストレーター

    1943年 - アントニオ猪木、プロレスラー、実業家

    1948年 - 小山ゆう、漫画家

    1950年 - 志村けん、タレント

    1950年 - ばんばひろふみ、フォークシンガー

    1958年 - かとうかず子、女優

    1959年 - 稲田朋美、政治家、弁護士

    1962年 - 真島昌利、ミュージシャン、ギタリスト(THE BLUE HEARTS、THE HIGH-LOWS、ザ・クロマニヨンズ)

    1963年 - チャールズ・バークレー、バスケットボール選手

    1967年 - カート・コバーン、ミュージシャン、ギタリスト(+ 1994年)

    1968年 - いしのようこ、女優

    1979年 - 森田剛、歌手、タレント(V6)

    1983年 - ジャスティン・バーランダー、メジャーリーガー

    1984年 - 小出恵介、俳優

    1993年 - 橋本奈々未、女性アイドル(元乃木坂46)

    1998年 - 藤田ニコル、ファッションモデル、タレント

    【忌日】
    1933年 - 小林多喜二、小説家(* 1903年)

    1962年 - 鳥井信治郎、サントリー創業者(* 1879年)

    1993年 - フェルッチオ・ランボルギーニ、実業家、ランボルギーニ設立(* 1916年)

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60
    投稿画像

    2020/02/19の先生の投稿

    会食中。

    ※向かって右から

    <1>ワイン白
    ドメーヌ・テシエ
    ムルソー 1er
    レ・ジュヌヴリエール [2014]
    Domaine Tessier
    Meursault 1er Cru Les Genevrières

    ⭐︎⭐︎
    品種:シャルドネ
    販売サイトより
    ムルソーの三大プルミエクリュに数えられるジュヌヴリエールの中でも、所有畑は上部区画にあり、ポリュゾ・ドゥスュに隣接する。白い花やハチミツが軽やかに立ち上るクリーンな香り。クリスタルのような透明感をたたえた味わいは、シルクのように艶やかで、エネルギーと気品に満ちている。ジュヌヴリエールの洗練されたキャラクターがピュアに表現されている。

    <2>ワイン白
    シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・シャン・ガン[2007]
    CHASSAGNE MONTRACHET 1ER CRU LES CHAMPS GAINS
    ⭐︎
    品種:シャルドネ
    販売サイトより
    こちらのレ・シャン・ガンは、シャサーニュ・モンラッシェ1級区画の中央、斜面中腹の好立地に位置する畑。若いうちから実力を発揮する肉付きの良いワインが生み出されています。手摘みしたブドウを圧搾後、オークの小樽で自生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵を行います。その後、新樽比率25%のオーク樽で12ヵ月熟成されてリリースされます。アロマも柑橘より白桃など、大きな種と柔らかな果肉をもつ果実のニュアンスが顕著にあらわれるのが特徴です。