ログイン
詳細
中川 剛
投稿画像

友人の755ネーム・鯖缶詰子から、11/4(月)午後の表参道でのイベント情報です。アームウォーマー、レッグウォーマーやソックスなど、下記URLにある[nux]の商品と共に、彼女も店頭に立つとのことです。男性向けには、アイピローやボディウォーマーもあります。場所は、表参道ヒルズの裏手です。日付変わって今日午後のイベントになりますが、お時間がありましたら是非お立ち寄りください。 🌷イベント情報🌷 〜上質なシルクとフレングラスのある生活〜in表参道 ⚫︎11月4日(月祝)12:00〜18:00 ⚫︎表参道FLAG SHIP SHOP「Hiroko. K」 東京都渋谷区神宮前4-13-10 ⚫︎フレングラスアーティストのHirokoさんによるオーガニック香水もお試しいただけます。 ⚫︎下記URLにある価格よりお安い値段でご提供いたします。 ⚫︎URL http://beauty-nux.ocnk.net/phone/product-list/12 皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

前へ次へ
中川のトーク
トーク情報
  • 中川 剛
    中川 剛

    ↑僕は、その見城さんの755を愛しています。755が、見城さんの755が僕の人生に与えた力は、計り知れません。全てが変わったと言っても過言ではありません。僕にとっては、一生忘れない奇蹟です。見城さんの言葉は、僕たちの毎日に躍動感を与えてくださいます。755があるおかげです。見城さんを筆頭に、藤田社長、堀江さん、水野さん、奮闘して下さっているエンジニアやスタッフの皆様に心から感謝申し上げます。有難うございます!

  • 中川 剛
    中川 剛

    土日は、普通に会社はお休み。だからこそ、出来る仕事があるので、ガラガラのオフィスに今日も向かいます。今日は、久しぶりに帰宅するのですが、明日日曜も缶詰になって、自分を追い込みます。そんな2日間にも、見城さんの言葉が躍動感を与えてくれます。様々な見城さんの言葉が浮かんできます。シンプルで常に一本筋が通っていて、ワインの様に奥深い見城さんの言葉は、僕にとって、[武器]と言えるのかも知れません。しかも、最強の[武器]。

  • 中川 剛
    中川 剛中川 剛
    投稿画像

    ZARD「永遠〜君と僕との間に〜」
    (幻冬舎)
    2019.10.27記

    プロローグまでの約80頁は、坂井泉水さんの写真が並ぶ。ボリュームも、美しさも圧巻だった。もう圧倒的に綺麗。圧倒的に可愛い。圧倒的に美人なのだ。1枚1枚が本当に美しいので、是非読んでみてほしいと思ってしまうほどである。

    プロローグ以降は、坂井さんへの深い愛情が溢れる言葉が並ぶ。坂井さんの歴史、ZARDの歴史が実に細やかに綴られている。貴重な内容である。本書を読めば読むほど、坂井さんへの深い愛情が言葉から滲み出てくる理由が分かる様に思う。ファンや仲間をとても大切にする人、気遣いと心ある対応ができる温かい人、とことん[ZARD]に入れ上げ続けた稀代のアーティスト。そんな坂井さんの姿が浮かんできた。愛される人だったことがしっかりと伝わってくる。そして、本書のところどころに、坂井さんの作詞の歌詞がある。懐かしい歌をこうして本の中の1ページとして読むと、坂井さんの心が静かに伝わってくる様である。歌詞がとっても美しくて、静かで優しい感動に包まれた。

    第七章「別れ」からは、悲しくて悲しくて胸が締め付けられた。最後の方には、非常に貴重な写真もある。こちらも是非読んでほしいと思う。坂井さんが懸命に駆け抜けた日々が滲んでいる様で涙が溢れた。達筆で綺麗な文字は、坂井さんの美しい容姿と重なった。

  • 中川 剛
    中川 剛中川 剛
    投稿画像

    「蜜蜂と遠雷」(映画) 
    2019.10.27記

    ずっと泣いていた。
    こんなに泣き続けた観た映画は記憶がない。

    涙を誘う美しい[ピアノ]の音色、引き込まれるほど鮮やかな映像とストーリー、それぞれのキャラクターの個性がしっかりと聴こえてくる出演者の演技力。素晴らしかった。

    僕は、小さな頃、[ピアノ]を習って以来、[ピアノ]の音色が心から大好きだ。母のレコードで、ブーニンのショパンを聴いた時に鳥肌が立つほど心打たれたのを今でも鮮明に覚えている。

    「蜜蜂と遠雷」。その中心に[ピアノ]がある。
    松岡茉優演じる亜夜、松坂桃李演じる明石、森崎ウィン演じるマサル、鈴鹿央士演じる塵が、葛藤しながら、プレッシャーを感じながら、それぞれの想いを乗せて奏でる[ピアノ]の音色が心に響く。涙が止まらないほど美しかった。4人それぞれが全く別の道を歩んできたこと、同じ様にピアノを愛していることが見事に伝わってくる演技力は観ていて心地が良い。特に圧巻だったシーンは、[ピアノ]コンクールのシーン。まるでその場にいるかの様な迫力があった。絶対に映画館で観た方がいい、と今書いていて思う。鹿賀丈史演じる小野寺昌幸も絶妙で、世界最高のマエストロの風格が表れていた。斉藤由貴演じる嵯峨三枝子も個性的で非常に印象に残った。

    一番印象に残ったのは、やはり最後の亜夜の[ピアノ]演奏のシーンだ。感動で鳥肌が立った。映画って最高だと思う瞬間だった。包み込む様な優しさ、大草原の様な広がり、蜜蜂の羽の音の様な小さな音から遠雷が轟く様な大きな音まで全てが音楽だと言わんばかりの[ピアノ]。その豊かな音色の美しさに心が震え、ずっと泣いていた。

    そして、最後。エンドロールに出てきた[見城徹]を拝見して、「めちゃくちゃ感動しました。今回も有難うございます。」と呟いた。

    1
  • 中川 剛
    中川 剛

    朝から時間が経ってもガラガラなオフィス。勿論、僕の周りだけかも知れないけど、まあ静か。そして、太陽光だけで十分に暖かい。というよりちょっと熱い。そろそろ昼ごはんを食べに外に出よう。この土日の戦いは、まだまだ長い。

  • 中川 剛
    中川 剛

    ザ・ブルーハーツ
    [終わらない歌]歌詞より抜粋

    終わらない歌を歌おう
    クソッタレの世界のため

    終わらない歌を歌おう
    全てのクズ共のために

    終わらない歌を歌おう
    僕や君や彼等のため

    終わらない歌を歌おう
    明日には笑えるように


    世の中に冷たくされて
    一人ボッチで泣いた夜

    もうだめだと思うことは
    今まで何度でもあった

    真実の瞬間はいつも
    死ぬ程こわいものだから
    逃げだしたくなったことは
    今まで何度もあった

  • 中川 剛
    中川 剛

    頭が疲れた。とってもサボりたいジムに行ってきます😇今日は、トレーニング後、どんな気分になるか。最近、毎回、それを確認しています。

  • 中川 剛
    中川 剛

    憂鬱だったジムを終えた。前回ほど「気合い入った!」という感じではないが、気分はスッキリ。疲れていた夜に、ちゃんとメニューをこなしたのは良かったし、朝からの仕事もやり切れたから、明日に向けて、いい流れが作れたように思う。頭と身体に蓄積している疲労感は取り除きたいけど。