ログイン
詳細
タクマ

1【YouTube】見城徹×有本香 0:00〜5:00 【オープニング】 見「それで僕が感動するのは、どこへ行っても言ってくれるんですよ、安倍さんが。僕は見城さんのおかげで総理大臣になりました、って言ってくれるんです。こっちとしてはそれほど貢献したとは思わないですよ、思わないけども僕は僕で命懸けでやったなと思うんですけれども」 【本編】 見「照れますね。よろしくお願いします」 有「よろしくお願いします。今日はお忙しいところお時間頂きましてありがとうございます」 見「こういうYouTubeに出るのは本当に久しぶりなんで」 有「数年ぶりくらいですよね?」 見「数年ぶり……いや、箕輪って部下がいるんだけど、『サウナノフタリ』っていうのの第1回に出たんですよ。それ以来」 有「『サウナノフタリ』って何ですか?2人でサウナに入るんですか?箕輪さんと」 見「それで対談するっていう」 有「凄い絵柄ですよね、想像するだけでも。後で見てみます、検索して」 見「見なくていいです、ロクなことは言ってないんで」 有「はい。で、今日はですね、丁度四十九日くらいになるんですけれども、安倍晋三さんが亡くなって、大体四十九日くらいになりました。で、見城さんに今日安倍さんのお話を中心に色々伺いたいと思ってきました」 見「僕がふさわしいか分かんないけど。いくつか依頼はありましたけど、僕がふさわしいか分からない、という理由で全部お断りして」 有「そうですか」 見「まぁ有本に頼まれたら、というだけで出てきたんですけど、あんまり舌禍を起こさないようにドキドキしてます」 有「ちょっと(笑)そうですか。でも7月8日の日ですね、丁度亡くなった日、あの日は見城さんどんな風に過ごしてらっしゃったんですか?」 見「実はですね、7月1日からハワイに行っていて」 有「日本にいらっしゃらなかったんですね」 見「ハワイ時間で7月7日の夕方の4時くらいに入ってきたんですよ、一報が。で、いわゆる重体と。でも何となくニュースを見ていて、これは助からないだろうな、という風には思いました。それでたまたま7月8日の午後1番の便に乗ることになっていたので、とりあえずJALに確かめました。そしたらそれより前の便はなかったので、とにかく帰らなきゃ、ということが1番に頭に浮かんだことで、ただスケジュール通りで1番早い便だったので、それで帰ってきましたけれども。ハワイ時間で夕方4時頃にそれを知って、6時からご飯を6人で食べたんですけど、全く覚えてないです。何を食べて、何を話したか。ビックリしました。僕、2月1日に石原慎太郎さんが亡くなって……」 有「はい、そうですね」 見「本当に石原慎太郎さんのいない世界に自分が生きているというのは、信じられないし耐えられなくて。こんなに人が亡くなるっていうことが自分の生きるってことに影響するのかっていうのを、初めて体験したんですね。親とかでもそんなことはなかった。まぁそれでも安倍さんがいるじゃないか、って自分に言い聞かせてたわけですよ。それが同じ年にまた安倍さんが逝ってしまう、というのは2022年は僕の人生で最悪の年ですね。石原さんと安倍さんが亡くなるっていうのは。2人は似てましたからね、政策は」 有「そうですよね、似てましたし、特に安倍さんは好きでしたからね、石原慎太郎さんを」 見「そうですね」 有「私石原慎太郎さんに不遜ながらそれをお伝えしても、全く一笑に付して信じておられませんでしたけども」 見「いやぁ、あのね、石原慎太郎さんというのは凄く照れ屋で、『えぇ、そんなことねぇだろう。俺は別に安倍に褒められても嬉しかねぇよ』って」 有「それそれそれ(笑)あと私には言ってましたよ。『有本さん、あなたね、政治家の言葉をまともに受け取っちゃダメだよ』って。随分嗜められましたけれども、ただお別れの会がね、丁度安倍さんが亡くなる1か月前の6月8日……」 見「8日でしたね」 有「そこで発起人の、見城さんもそういうお立場でしたけど、代表という」 見「発起人代表が安倍さんと、作家で曽野綾子さんで、新聞で読売新聞の渡邉恒雄さんで、テレビでフジテレビの日枝さんで、芸能界で田辺エージェンシーの田邊さんで、政財界で電通の社長会長を務めた高嶋さん、それで出版界で僕だったんです。7人だったんです」

前へ次へ
タクマのトーク
トーク情報
  • タクマ
    瀬川瀬川

    頑張ってますね。
    応援します。

    自分のことで口はばったいですが、僕は大学時代、小説を書くゼミにいました。
    何作も小説を書いたけど、教授には常に、『文章はとにかく客観的に書け。あと極力、接続詞に頼るな』と言われ続けてきました。

    編集を生業にしてからは、作品は足し算より引き算が売れる秘訣だと学びました。
    日記ならいくらでも書いていいけど、商業作品はある程度決められたボリュームがあり、無駄を削ぎ落とさないと成立しないからです。

    余分なことは伝えなくてもいいし、必要なことはインパクト持って伝える。
    その差し引きの抑揚、バランス、を成立させて初めて、創作物は人に読まれる『作品』になるのだと思います。

    結果的にいろいろ引いても必ず個性は作品に現れます。

    いきなりすみません。
    ちょっと書きたくなったので。
    悔いのないようにやり切ってください。

  • タクマ
    タクマ

    瀬川さん、貴重なお言葉をありがとうございます。今の僕にとって何もかもが大切なお言葉で、瀬川さんのお言葉一つ一つが胸に強く突き刺さります。
    足し算より引き算。確かに無駄を削ぎ落とさないと読んでいただける作品にはならないですよね。すごく難しいものですが、やりがいという言葉を使えば大きなものがあります。
    改めて、心よりお礼申し上げます。貴重なお言葉をありがとうございます。

  • タクマ
    タクマ

    見城徹の五つの場vol.52
    見せ場・土壇場・正念場・修羅場・墓場
    今月は“憩いの場”
    「人生には五つの場がある」かねてからそんな格言を持ち、数々の場をくぐり抜けてきた見城徹さんの熱狂連載。今月は忙しい日常とその人生に、ささやかな幸せをもたらす味を。

  • タクマ
    タクマ

    ●食欲を満たすという小さな幸福
    フレッシュジュース好きが高じて、日本で最初のコールドプレスのジュース専門店「SUNSHINE JUICE」が債務超過に陥った時、幻冬舎が資金を入れて70%の株主となり、数年前まで経営していた時期がありました。最盛期で東京都内に6店舗を展開、通販も順調で、年間で5千万円近くの利益が出るようになった時点で創業者グループにお返ししましたが、その後も情報収集をしながら、いろいろなジュース屋さんを開拓し続けています。
    ちなみにここ1年以上ハマっているのは、幻冬舎からも近い千駄ヶ谷の「DAVID OTTO JUICE」。1970年代にロサンゼルスでいち早くコールドプレス専門のジュース店を手がけたデービッド・オットーさんのレシピと製法を引き継いだ店で、僕が凝っているのは、セロリやケールなどの緑黄色野菜とアップルやレモンなどのフルーツ、さらに生姜も入った「GREEN GENIE」。東京にいるときは土日も含めほぼ毎日飲んでいます。これを飲まないと体がクリーンにならない感覚すらあります。
    もう一軒は青山のキラー通りにある「TOKYO JUICE」という店。ここはコールドプレスジュースではないんだけど、様々に工夫された野菜ジュースとスムージーがあって、すでに顔見知りとなったスタッフの方々がその場で真心を込めて作ってくれます。決まって頼むのは「MAJIK BUTTER」で、これが癖になるくらい美味しい。ピーナッツバターとアーモンドバター両方が入っていて、ここにアーモンドミルクと、バナナ、ブルーベリー、デーツ、ブルースピルリナをミックスしたスムージーは、当初は季節限定メニューだったんですが、あまりに気に入って僕が「755」に頻繁に投稿していたら、それを見てMAJIK BUTTERを買い求める人も増えて、うれしいことにオールタイムメニューに格上げになりました。TOKYO JUICEは、自己免疫不全に見舞われ処方箋の副作用にも悩んだオーナーが、食事療法として野菜とフルーツを摂取する食生活に変えることで体を修復させたというストーリーも味わい深いものがあります。

  • タクマ
    タクマ

    そうしてDAVID OTTO JUICEのGREEN GENIEとTOKYO JUICEのMAJIK BUTTERを飲むことはもはや僕の毎日のルーティンで、夜は会食があるので、できれば朝食も取らずに昼間はこのジュースだけというのが理想なんだけど、そうもいかない。特に誘惑に勝てないのが、1週間に2回のペースでランチタイムに通い続けている四谷の「スパゲティながい」の「卵とベーコンのスパゲティ醤油味」。卵の火入れが絶妙で、カルボナーラと似て非なる醤油味が決め手なんだけど、卵がベーコンとスパゲティの塩味と相まって、芸術的なほど美味しいんです!これを食べる前、食べている時、食べた後と3時間くらいは、小さな幸福感に包まれます。
    もともと東京の和風スパゲッティを語る上で欠かせない代々木八幡の老舗で、随分と前に閉店した「ハシヤ スパゲッティ」で食べる卵とベーコンのスパゲッティが僕は大好きで、「スパゲティながい」はそこから独立した永井浩一シェフが93年にオープンした店。一人でキッチンに立って黙々と調理する永井さんは、たまに見せる笑顔が素敵な人で、ものすごくシャイで言葉は少ないんだけど、ひとくち彼のスパゲッティを食べれば、その心が伝わってきます。僕は卵とベーコンのスパゲッティ一本槍だけど、タラコとウニやイカのスパゲッティも有名で、きっと全部のメニューが美味しいんだと思う。まさに奇跡のパスタの店で、僕としては自ら会社を経営し、毎日があまりに忙しく、偉そうに言えば何人もの社員の人生を背中に背負っている中、ささやかな幸福感を自分に許容したいと思わせてくれる場所でもあります。
    それと赤坂や青山、新宿にある「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」のコースの最後に、オーナーの森貴代江が残った出汁で僕のために特別に作ってくれるおじやも、幸せの味がします。本来のコースのシメはラーメンで、これも十分美味しいんだけど、僕が雑炊好きで「卵を多くしてより水分を減らしたおじやにして」と頼んだことが誕生のきっかけ。これはオーナーの森にしか作れません。他にも赤坂で50年間愛され、2018年に初代オーナーの息子さんが青山に移転オープンした家庭的なフレンチの店「レストラン カナユニ」のタルタルステーキも絶品です。ちなみに50年以上前に外苑前に「パスタン」という明け方までやっている同じく家庭的なフレンチがあって、僕は五木寛之さんとよくご一緒したものだけど、そこの味にいちばん近いのがカナユニです。「パスタン」はテーブルが4つしかない店で、客は芸能人やテレビ局の関係者、文化人やクリエーターが大半、黒柳徹子さんと劇作家の飯沢匡さんなんかもよく2人で食事をしていたけど、あんなにエスカルゴと若鶏のコキーユとローストビーフとシーザーサラダが美味しい店はなかったです。歳を重ねた姉と弟がそれぞれ料理とサービスを担当し、二人だけで切り盛りしていて、僕と同じように若い頃にこの店を大事にしていた秋元康と「パスタンが閉店したのは痛かったね」と今でも話すほど。あとは銀座の隠れ家的な「ビストロ トレフル」のビーフピラフと、青山の「Hotel's」の八朔牡蠣も、日本一の味だと思います。
    すなわち、性欲、食欲、睡眠欲という人間の三大欲求のなかで、睡眠時間は歳を取るに従って減少するし、80歳を過ぎて恋をしているわけにはいかないという意味において、食欲だけは最後まで維持できる。美味しく食べられなくなったら、生きていてもしょうがないですよ…。そんな話をしていたら、今日もながいのスパゲッティを無性に食べたくなってきました(笑)。

  • タクマ
    タクマ

    とんでもございません。

    見城さんが日々755に投稿される料理やワインを拝見し、「美味しそうだなあ。どんな味なんだろう」といつも妄想しながら楽しませて頂いております。
    改めて見城さんの食への思いを感じることができ、大変嬉しい気持ちになりました。
    こちらこそ、有難うございました。

  • タクマ
    タクマ

    1億ウォッチ😳
    吉田さんの熱狂には本当に頭が下がります。
    お疲れ様でございます。

    2