ログイン
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    見城徹見城徹

    自分によって自分の好きな人が嬉しくなったり、幸せを感じたりする。そのために生きている。
    報われないと思える日はある。切なくて涙を堪える日もある。それでも真心を込めて誠実に生きる。リングに立ち続ける。戦う。その上で、「微笑みながら消えてゆく」(角川時代に僕が作った銀色夏生の単行本のタイトルです)。それが僕に出来るだろうか?

  • 見城徹
    進藤開進藤開

    見城さんのこのご投稿を良く読んでほしい。まずは斜に構えることと捻くれた物事の見方を止めることだと思います。

  • 見城徹
    見城徹

    自意識が強いのはいい。僕だって強い。その分、自己嫌悪も強い。それだけで疲れる。ヘトヘトになる。小さなことにクヨクヨし、小さな石に足を取られ、小さな人に後ろ髪を引かれ、気を遣いながら生きている。
    僕は755にただ日々思うこと、日々の場面をアップしている。勿論、アップ出来ないことや場面の方が圧倒的に多い。誤解を怖れずに言うが、アップ出来ない僕の毎日は多分、皆さんの想像を絶する。755は755だ。ここで僕は皆さんとイーブンにやって来た。一人一人を大切に思って来た。
    失礼な話やトンチンカンな話でなければ僕は付き合う。自意識過剰も結構だけど、他者と自己を峻別し、自意識過剰だけがアイデンティティになった人とは僕は付き合えない。
    ゴーマンかましてヨカですか?
    見城徹は755のここにいる。切なさを噛み締めて生きている。泣きながら眠りに就く。
    僕のトークで良ければ、いつでもどうぞ。

  • 見城徹
    見城徹見城徹
    投稿画像

    車に乗って読売新聞を開いたらびっくり。
    僕のインタビューが掲載されていた。掲載日に関して何の連絡もなかったなあ(笑)。

  • 見城徹
    藪 医師(中山祐次郎)藪 医師(中山祐次郎)

    連絡しないのは不義理に感じます。
    が、それよりインタビュー内容が面白い。
    そうだった。自分を救うために表現していることをすっかり忘れていた。人は生まれて死ぬ。その「壮大な無駄」のなかにロマンがあり、感動があり、無念がある。これまで出会った無念をひとつひとつ大切に掬い取り、丁寧に形を整えて表現したい。

  • 見城徹
    見城徹

    ↑ 薮医師、有難う。訂正しなければならないことがあります。実は掲載の連絡は事前に秘書にあったそうです。それを秘書が僕に伝えるのを忘れていたことが判明しました。読売新聞の待田記者。
    申し訳ありませんでした。謹んでお詫びします。