ログイン
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    グリーンマン١レポートグリーンマン١レポート

    歴戦の古武士と若武者の風格を感じます。

    [何か]を巻き起こしてきた、そして、これからも[何か]を巻き起こすであろう、ハードボイルドが漂っています。

    また、お二人の根幹が編集者である事が革命というワードを想起させ、楽しい気持ちになります。

    師匠と弟子が裸で上げる戦いの狼煙に、ロッケンロールです。

  • 見城徹
    見城徹
    投稿画像

    鎌倉でおのでらグループの小野寺と会食。
    万全を期して貸し切りにしてもらった。

  • 見城徹
    見城徹

    報道ステーションにコメンテーターで今、出演している慶應義塾大学医学部の宮田教授は何故、髪を青色に染めているのか?それが悪いとは全く思わないが、不思議な気がする。一度、理由を伺ってみたい。「単なる趣味の問題だ」と言われそうだが……(笑)。

  • 見城徹
    見城徹

    白髪を黒に染めないで、青に染めているだけかな?美的センスの問題か?

  • 見城徹
    見城徹

    [インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説]。
    何度観ても面白い。何度観ても爽快だ。

  • 見城徹
    見城徹見城徹

    テレビ画像を撮影したものが755にアップされているようなので、覚悟を決めて、15秒スポットのオリジナル画像をアップします。7月17日から8月5日まで142本が静岡朝日テレビで流れています。
    製作費、媒体費他、全て自分で出しました。
    静岡朝日テレビを応援したかったのです。

    1
  • 見城徹
    ろころこ
    投稿画像


    最初、次々に登場する6人の日常に気持ちが追いつけるかドキッとしたけど、第一章の中盤からリズムが掴めてきて楽しかった。繊細で丁寧に生きている6人の姿に、心がだんだんほぐされていった。莉里に対する大人達の接し方に安堵する。自分が小さい頃に可愛がってくれた近所のおじちゃんやおばちゃん達を思い出した。ヨウの部屋から見える有栖川宮記念公園や青山一丁目など、知ってる風景がたくさん出てきたせいか、6人の物語がとてもリアルに感じた。本気の恋は自分を脆くボロボロにさせるけど、自分が誰と一緒にいたら幸せになれるかがわかる。幸せになるまで止めない方が良いこともあるんだと思った。いろいろな愛のカタチを知ったら自分の愛のカタチも知れる。愛の要素がいっぱい詰まった一冊でした。