ログイン
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    タクマタクマ

    『二人の嘘』著:一雫ライオン


    涙なしでは読めない純愛物語。蛭間と礼子が再会してしまったことを、僕は恨んだ。

    蛭間に想いを馳せる。僕は「なぜ蛭間は死ななかったんだろう?なぜ生きているのだろう?」と思っていた。だかそれは違った。物語に干渉する部分だから書かないが、その描写にはまさに天と地がひっくり返った。
    礼子に会ったことを〝運命〟だと言った蛭間。礼子に気を配り、後ろを歩く蛭間は、礼子の背中から目を逸らすことなく、礼子の好意から目を逸らすことなく、優しい表情で見守っていたに違いない。

    礼子に想いを馳せる。あえて感情をなくすように生きてきた礼子は、愛を求めていたわけではなかった。が、蛭間を知れば知るほど困惑し、憤り、心身ともに求め、感情が芽生えた。きっかけはどうであれ、礼子は蛭間を愛したのだ。蛭間からの愛を求めていたわけではなく、蛭間自身の幸せを願った。

    2人は愛し合った。不倫、裁判官、元服役囚、政治家、そんな体裁は関係なかった。ただ純粋に愛し合った。同じ食べ物を食べることに、同じ空気を吸えることに、旅先を調べてくれていたことに、純粋に喜んだのだ。
    この愛に涙が止まらない。もうきつく締められた心が落ち着かない。

    最後、一雫ライオンさんと有馬大樹さんに想いを馳せた。最終章を[悲劇]と題したその才能、蛭間と礼子への想像力、小説を読む至福はこれだと、改めて思った。だが圧倒的なラストに、だから読みたくなかったんだ、とすら思った。僕はこの物語を一生忘れることはできない。縛られて生きていくことになる。この世にこの物語が生まれてしまった[悲劇]を背負う。

    すごい小説に出会ってしまった。しばらくこの余韻から抜けられそうにない。だから僕は、蛭間と礼子が再会してほしくなかったんだ。

  • 見城徹
    タクマタクマ

    僕が参加させて頂いたコンテストの最終お題が「相棒」ということで、一度『二人の嘘』を読むことを中断しました。蛭間と礼子に引っ張られ、書くことができなくなりそうだと思ったからです。
    コンテストを終え、それから最初から読み返し、大変遅くなりましたが、先程読み終えました。皆様の感想はその都度読ませていただいておりましたが、僕も皆様と同じように興奮冷めやらぬ夜を過ごすことになりそうです。大変な作品がこの世に生まれましたね。

  • 見城徹
    タクマタクマ

    すごく遅くなってしまったので、皆さますでにお読みかと思いますが、読まれてない方は絶対に読んでください。他人の愛に涙します。早速、読書友達に薦めました。

  • 見城徹
    見城徹

    ↑ [二人の嘘]を読んだ人は例外なく胸を締め付けられ、嗚咽し、2人の主人公と共に生き、感動し、小説世界に没頭する。読み出したらノンストップ、途中でやめることは出来ないが、読み終わりたくないという衝動にも囚われる。読み終っても2人が自分の体に棲みついて映像が焼き付き、息遣いが聴こえて来る。衝撃と余韻がいつまでも強烈に残り続ける。読書の快楽とはこういうことだ。

  • 見城徹
    タクマタクマ

    見城さん、リトークしていただきありがとうございます。読み返し始めてからは一気に読み終えました。蛭間の優しさが、礼子の純真な愛が、心に溶け込み、胸が締め付けられました。
    読み終えて一晩経つと、それはどこか心地よさに変わりました。2人の悲劇は優しいんです。もう涙が止まりません。

  • 見城徹
    鯖缶 詰子鯖缶 詰子

    「読書の快楽とはこういう事だ」
    まさに仰る通り。

    若い頃はあんなに本を読んでいたのに、この頃は日々の忙しさに読書は二の次三の次と押しやっていました。

    しかし[二人の嘘]を読んで以来「読書の快楽」に再び目覚めてしまいました。
    寝ても覚めても想ってしまう。
    そしてもっともっと欲してしまう。
    それが快楽。
    だから[二人の嘘]を読み終えてしまったらロスが半端なくて苦しくて仕方なかった。

    だけど、また[隣人の愛を知れ]を読み始め
    て再び快楽にどっぷり浸かってます。

    読書の快楽に溺れる悦び。
    味わったが最後、抜け出せません。

  • 見城徹
    見城徹

    何かに熱狂しなければ生きて行けない。まだまだ熱狂するぞ。どうせ一夜の夢ならば実をも散らして狂うのみ。

  • 見城徹
    見城徹

    朝からコンビニにスポニチ、スポーツ報知、サンスポを買いに行った。日刊スポーツは宅配で取っている。何故、約1週間に1度3紙を買いに行くかという理由は明かせないが、僕には大事な理由がある。ずっと続けていることがあるのだ。
    それはともかく、最近の日刊スポーツの芸能面は著しくつまらない。何でこんな惨状になってしまったのだろう?芸能ニュースはスポーツ紙の重要なファクターだ。こんな芸能紙面が続くなら、他紙に変えなければならないと思う。朝日新聞を取っているので同じ販売店の日刊スポーツにしているのだが、もう少し話題を網羅した芸能記事が出来ないものか?芸能記事はダントツにスポニチが充実している。

  • 見城徹
    見城徹

    宅配では、日経、朝日、日刊スポーツを取っている。会社で読売、産経、スポニチ、スポーツ報知、サンスポを読む。休日は車の中で読む。