ログイン
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    見城徹
    かーる
    見城さん、お言葉ありがとうございます!。順番が逆なのかもしれませんが、うまく言えないのですが、熱狂を体験したことがないのです。掴まえるなんて中途半端な気持ちかもしれませんが、あの本を読んだ後、純粋に熱狂したいと思いました。渇望しました。その対象を探したいとおもいました。やっぱり順序が逆ですね・・・

    いや、それでもいいです。好きなことに素直になればいい。

  • 見城徹
    48&坂道グループ=生き甲斐48&坂道グループ=生き甲斐

    改めて、自分の「原点」を思い起こす。

    物事が上手く進む時程、原点を忘れそうになる。物事が上手くいっている時程、憂鬱から逃げていないか自己検証しないといけないと思うようになった。

    そう思える意識付けのキッカケが出来たのも見城さんの影響だと断言出来る。有難うございます。

    原点、初心を忘れず、憂鬱から逃げずに正面突破の精神を持ち続けたい。

  • 見城徹
    nob 櫻への憧れnob 櫻への憧れ

    男が一度口にした言葉の重みを水道橋博士は、認識すべきだと思います。言葉って、そんなに軽いものなのか?もっと考えて発言すべきでは、ないのでしょうか。特に、TVに出ている人なのですから。

  • 見城徹
    nob 櫻への憧れnob 櫻への憧れ

    水道橋博士!あなたは、男としての自負の発言に責任が持てないのか?あなたは、いつもそんな軽い発言をしているのか?一度、三島由紀夫先生の檄文をよく読むべきだと思いますよ。その前に三島先生の作品を全部読んでからにして下さいね。なぜなら、何故三島先生が立ち上がったのかも理解出来ないでしょうから。言葉の本質を理解出来ず、表面しか見ない人だと思いますから、しっかり三島先生の作品を理解すれば、自分の言葉の本質の意味が理解できるでしょう。

  • 見城徹
    あさふみ(浅井智文)あさふみ(浅井智文)

    ↑見城社長、リトークありがとうございました。私も見城社長の刺激ある、正確で熱い言葉に力を与えていただいております。どれだけ立つ力を与えてくださったか、本当に分からないぐらいです。見城社長のつらさに比べればたいしたことはないのに、強く優しい言葉に日々励ましていただきながら生活できる私は本当に幸せだと感じています。
    また、見城社長の755に集まる誠実な方々の文章に皆様それぞれの日々の苦しみやそれに耐えうる言葉の1つ1つに励ましと力を与えていただいております。改めて見城社長、皆様本当にありがとうございます。

  • 見城徹
    めぐめぐ

    755で見城さんが
    一人一人に
    届けてくださる言葉を
    何度も繰り返し読み直す事で、
    日々自分を振り返る時間を
    持てるようになりました。
    突き刺さる言葉は
    思い過ごしでなく
    わたしに欠けるものが
    何かを教えています。
    心にしっかりと焼き付けて
    自己検証を怠らず生きていきたいです。
    755と見城さんに感謝しています。

    ようやく眠れそうです。
    夢で逢えたラッキーピエロ。




  • 見城徹
    見城徹

    窓を開けると風が冷んやりとして気持ちがいい。木々が光を浴びて葉を揺らしている。遥か向こうには青い山々が聳え、空は高く澄んでいる。北国の夏。晴れた日には永遠が見える。宇宙の時は悠久として流れ、止むことはない。僕は宇宙の一部として今この一瞬にここに在る。朽ちて果てるのは万物の定め。永遠の中の一瞬。ここに在ることの奇跡を想う。人生は一夜の夢。100年後から見たら今の僕の悩みなど何ほどでもない。だから、振り切る。だから、この一瞬を狂って生きる。

  • 見城徹
    見城徹

    32歳の夏、西ベルリンのベルリン夏季大学に短期留学していた恋人と落ち合って、ドイツの小さな町々を旅した。どの町も昼は光と影のコントラストが鮮やかで緑が美しく、風は甘やかだった。町並みは中世の面影を残して静かに佇んでいた。宿泊したそれぞれの個人経営のホテルの夜は家庭料理が美味しくて、食べ終わると2人でまだビールを飲みたくて町に飛び出した。ミュンヘンのホフブロイハウスで店付きのカメラマンに撮ったもらった2人の写真はついに届くことはなかった。北国を旅しているとあの時のドイツ旅行を思い出す。彼女はレギュラー番組が5本もあり、2人とも目が回るほど忙しかった。あんなに長い夏休みがどうして取れたのか、今となっては謎である。

  • 見城徹
    見城徹

    旅は人を原点に戻してくれる。何もなかったあの頃。情熱しかなかったあの頃。あのドイツ旅行から35年。僕は何を得て、何を失ったのか?しがない一サラリーマンに恋してくれた彼女はもういない。