ログイン
詳細
前へ次へ
Let It bleed
トーク情報
  • じょんれのん。
    見城徹見城徹

    ↑ 失礼しました(笑)。佐々部清監督の[カーテンコール]も[チルソクの夏]と同じ下関が舞台でした。[カーテンコール]を撮影している現場を訪ねた時、佐々部清監督から[チルソクの夏]で使われた場所、場所を案内してもらいました。[チルソクの夏]を偶然観て感動し、佐々部清監督に連絡を取り、お付き合いが始まったのです。日本映画界は惜しい人を早くに失くしてしまいました。[チルソクの夏]は佐々部清監督がイルカの「なごり雪」に捧げた映画です。

  • じょんれのん。
    じょんれのん。

    1:Ailuropoda melanoleuca ★:2024/03/02(土) 14:00:33.93 ID:eLgK8ip69
    2024/03/02 11:02

    「大谷翔平結婚」そのニュースは瞬く間に世界を駆けめぐった。結婚発表会見では語られなかった“事実”を大谷本人がNumberだけに明かしてくれた。3月7日発売のNumber1092号掲載[独占インタビュー]大谷翔平「野球翔年2024 結婚生活を語る」より、雑誌発売に先行してインタビュー内容の抜粋を特別にお届けします。

    斬新なデート?

    ――昨年来、WBCでの世界一、ホームラン王、2度目のMVP、ドジャースとの契約、そして結婚……本当に盛りだくさんの“おめでとうラッシュ”ですね。このたびはご結婚、おめでとうございます。

    「ありがとうございます」

    ――大谷さんは以前、「1日40時間あったらいいのに」と仰っていました。そんな野球をやるだけで忙しかった大谷さんが奥様との楽しい時間をどうやって作っていたのか、不思議です。

    「彼女も働いていたので去年のシーズン中はほとんどアメリカへは来ていませんし、僕が右ヒジの手術をした後も、デコ(愛犬のデコピン)とふたりでリハビリしていましたからね。わざわざ時間を作るようなことはありませんでした」

    ――日本とアメリカではオンラインでやり取りをしていたんですか。

    「そうですね。電話で話をしていました。電話しながら一緒のものを見たり……お笑いも見ていましたし、ドラマも見ました。たとえば『VIVANT』とか、今はNetflixを見ています。『忍びの家』とかね」

    ――えっ、日本とアメリカで、離れているのに同じものを見ているってことですか。

    「そうですね。同じタイミングでテレビをつけて、同じタイミングで再生して、みたいな感じです」

    ――それはまた斬新なデートですね(笑)。いったいどんなタイプの女性で、どんなところに惹かれたんでしょう。

    「何ですかね……比較的、見たいものだったり、一緒に楽しめるものが多いなっていうのは感じますね。だからといって好きなものが全部同じってわけじゃなくて、彼女は小説が好きでよく読むタイプなんですけど、僕はまったく読まないタイプなんで、違うところは違う、一緒のところは一緒って感じです」

    ――最初に作ってくれた料理は何ですか。

    「一番最初ですか? 一番最初か……彼女はアメリカには来ていますがキャンプ地には来ていないので、最初が何だったのか、うーん、思い出せないなぁ」

    大谷翔平が「すごく美味しかった」料理とは?

    ――じゃあ、最初じゃなくて、作ってもらって美味しかった料理は何でしょう。

    「彼女としては作るのが難しい料理を言ってほしいんでしょうけど……へへへ。僕はカレーがやっぱり美味しかったですね」

    ――カレーですか? 具だくさんの?

    「いや、ドライカレーでした。ルーから作ってくれましたよ。すごく美味しかった」

    ――大谷さん、何と呼ばれてるんですか。

    「僕は『さん』付けですね。『翔平さん』とか、あとは短縮した『さん』付けも……」

    ――えっと、短縮というのは「翔さん」?

    「僕は名前を呼び捨てにしています」

    ――年下なんですか。

    「年下です。2個下かな。僕が今年30歳で、彼女が……たぶん28歳です。あれっ、もし間違っていたらごめんなさい(笑)」

    ――誕生日を一緒に過ごしたりとかは?

    「そうですね。僕の誕生日はシーズン中だったので無理でしたが、彼女の誕生日には一緒にいました。僕も彼女も仕事の予定があったりして、それがジャストの日だったのかはともかく、誕生日が近いタイミングで一緒にお祝いをしました」

    実用的に使えるものがいいかな、というタイプ

    ――誕生日のプレゼントは何を?

    続きはソースをご覧ください
    https://number.bunshun.jp/articles/-/860826