ログイン
詳細
見城徹

⬆︎ 本当に無限の可能性を感じる女性でした。やがて、彼女の時代が来るでしょう。真っ直ぐで努力家。繊細だけど胆力もある。頭も良いし、自意識の処理もお見事。激しい葛藤と戦いを通過しなければこんな佇まいにはなりません。お世辞は一切ない。念のため。

前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    あさふみ(浅井智文)あさふみ(浅井智文)

    ↑本日もアップありがとうございました。「課外授業 ようこそ先輩」母校で見城社長が、生徒たちに編集の授業をする番組でした。見城社長に12歳の時に会えてしかも、超一流の編集者である見城社長から編集の授業を受けたなんて羨ましかったですし、編集を通して、真剣に人、自分の心に向き合うことの大事さを学んだはずと番組を観て感じました。当時のことをしっかり覚えてなくても、あれだけ苦しみながら自分の心の奥からさらけ出して作品を作ったのですから、心のかたすみに無意識にでも残って、日々生きていく中で困難な時などにきっと心の助けになったと思います。「やればできる。」「編集とは感動だ。」番組の最後の言葉でした。

  • 見城徹
    じゅんじゅん

    おやすみと言いながら
    また寝ないので
    見城様の
    お部屋を覗いたら
    [窓辺]の投稿があった。

    読んでるうちに
    涙が溢れてきました
    😭😭😭


    心に染み入りました。

  • 見城徹
    中川 剛中川 剛

    今回の出張には、何度か読んできた前田裕二・著「メモの魔力」を持参。読めば読むほど、前田さんの頭脳明晰なところ、圧倒的な分析力と説得力、圧倒的努力を続ける意志の強さ、ブレない真心が伝わってくる。「メモ」が持つ力を余すところなく見事に書ききった稀代の名著だ。世界的に有名なコンサルティングファーム出身の方々が書いたロジカルシンキングに纏わるいくつかの本も素晴らしいが、「メモの魔力」には次元の違う魅力がある。第一に、著者である前田裕二さんご自身の圧倒的な魅力だ。「人生の勝算」で感じた前田さんのストーリーには猛烈に感動した。そのストーリーは、しっかりと本書にも乗っかっている。第二に、本の内容の分かりやすさとメモの効果についての説得力。前田さんが圧倒的熱量を込めて言語化して下さっているのが伝わってくるし、優しい語り口ながらも熱さが心にクッキリと伝導してくるから説得力が半端じゃないのだ。第三は、読者への愛情を感じるところ。「自分に関わる方への愛情」というものがあるのではないだろうか。上手く言語化出来ず恥ずかしいのだが、前田さんの文章の端々に愛情を感じる。
    「メモの魔力」、読まねば絶対に損します。素晴らしい本です!

    #前田裕二 #メモの魔力 #幻冬舎

    https://www.gentosha.co.jp/book/b12184.html

  • 見城徹
    中川 剛中川 剛

    ⬆︎グリーンブラザーズに行きたくて仕方なくなります!見城さんのカスタマイズサラダボウルの美味しそうなこと!
    そして、今回も刺激的なワインの数々!超一流かつ超貴重なワインであり、30年ものや40年ものばかり。アップされるワインは極端そのもの!
    お忙しい中、GBのカスタマイズの中身や超貴重なワインについて書いていただき本当に有難うございます。

  • 見城徹
    見城徹

    昨夜は刺激も受けたし、考え込みもした。意義のある会食だった。その上、ワインと食事が素晴らしかった。ただ飲み過ぎだのがいけない(笑)。