ログイン
詳細
見城徹

↑ 藪医師は暗闇の中でジャンプした。恥も外聞も捨てた。危険な地獄に身を晒した。耐えに耐えた。そして、圧倒的努力でやり切った。 出来るか?出来ないか?ではない。やるか?やらないか?なのだ。結果を出せば出すほどバーの高さは上がる。「もっと!もっと!」と皆んなが合唱し、期待する。だからいつでも苦しくて辛い。リングに立つ限り悲痛な日は続く。リングから降りたら君は何者でもなくなる。安息は死んでからでいい。そう思って今日も生きる。

前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    見城徹見城徹
    投稿画像

    畏友・太田英昭の本を4月7日に発売する。
    彼はフジテレビの暴れん坊で40年以上の付き合いになる。僕は「貴方のような乱暴者はフジテレビの役員には絶対にならないし、なってはいけない」とずっと本人に言っていたが、フジテレビの情報局長→取締役→常務取締役→専務取締役→取締役副社長を経て、フジ・メディア・ホールディングスの代表取締役社長にまで登り詰めた。彼が出世するたびに、フジテレビは懐の深い会社だとつくづく思ったものだ。産経新聞の代表取締役会長を最後にフジサンケイグループをリタイアしたが、今もメディアの現場で暴れまくっている。この本はその太田英昭の血風録であり、優れたテレビ論にもなっている。とにかく面白い。血湧き肉躍る。

    1
  • 見城徹
    Shin SatoShin Sato

    大胆で繊細。
    端役の人の声にも、耳を傾ける。
    逆境を、ものともしない行動哲学がある。

    大変僭越ながら、私が感じる
    見城社長と太田会長の共通点です。

    4月7日の発売が楽しみです‼︎
    見城さん、ありがとうございます。

    1
  • 見城徹
    Tomoko KogaTomoko Koga

    「いのちの停車場」
    を読みました。

    医療のリアルさが描かれていて
    素敵なお話でした。

    在宅医療の事を丁寧に
    分かりやすく書かれていて
    高齢社会、老老介護など
    これからもっと増えていく
    問題について
    考えるきっかけになる本だと思います。


    1章から泣いてしまいましたが、
    5章の人魚の願いは
    涙が止まらなかった。

    生きている時間が
    苦しみの時間を延ばす。

    延命治療は誰のためなんだろう。
    すごく考えされられました。

    映画を観にいくのが楽しみです。