ログイン
詳細
前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    見城徹

    ↑ 高橋一生は子役出身。[舞プロモーション]という芸能プロダクションに所属しています。六角精児も[舞プロモーション]です。[舞プロモーション]に頼まれて高橋一生は扉座の研究所に2年、その後、劇団員として3年ぐらい在籍したようです。僕は全く知りませんでした。びっくり。

  • 見城徹
    ktmkktmk


    見城さんの名言集。
    トレードに於いても当てはまることばかりだった。
    面倒なこと、人が嫌がるところに優位性がめちゃくちゃあった。
    これで合っているのかわからないがやり続ける。いつか点と線が繋がり、更に常識の外側や裏側、つまり視点を変えて物事を考えるようになってようやく安定して勝てるようになった。
    愚鈍や怠け者は機関投資家からとことん奪われる。自分の愚かさを知って学び続け諦めなかった者だけが残るゲーム。

  • 見城徹
    じょんれのん。じょんれのん。

    見城さんがリトークするくらいだから本物のきたみかなんだな(๑✪⌓✪๑)ノ🍺
    ではよく来てるコロナに罹患したキットカットさんと結婚したと言ってる自称きたみかは誰なんだ?(笑)
    倉津さんなのか?۳( ̥O▵O ̥)!!(笑)

    14
  • 見城徹
    見城徹

    本物の[きたみか]はやはり頭が良い。それはどんな状況にあってもだ。地頭がいいんだね。

  • 見城徹
    見城徹

    今、面白い映画のDVDと面白い本を目の前にして、どちらを選択しようか迷っている。
    それとも、寝るか?

  • 見城徹
    見城徹

    人生の晩年になってこんなこんな困難を抱えるとは思わなかった。幻冬舎の資本政策は2度目のMBOを実行して既に2年前に済ませた。三井住友銀行の勧めに従って遺言書も書いた。
    幻冬舎グループの将来的な憂いは解決したつもりになっていた。しかし、解決しないものがある。それは日々、生起する僕の気持ちだ。死が視界に入ると、その日までに人は自分の人生に決着を付けねばならない。今、かつての自分の生き方に復讐されている。後悔しない生き方などないが、最後は微かに笑って死にたいものだ。
    まあまあの人生だったと納得して。

  • 見城徹
    見城徹

    最近は毎日のように更新されるある方のブログに刺激されている。その方の仰っていることは突き詰めれば一つだ。
    [人生は短い。だから裸の自分を晒して生きよ」
    と。個体として生きる。自分のルールで生きる。
    71歳を目前にしてそのことの難しさを噛み締めている。