ログイン
詳細
前へ次へ
ナナ散歩だよのトーク
トーク情報
  • ナナ散歩だよ
    ナナ散歩だよ

    隣り合わせの死を一瞥して
    社会化された私の自意識が
    他者の元へと去ってゆく…

    残された私の自意識は
    群集の中の孤独を一蹴して
    生活する世界に犯され続ける…

    門をくぐって行った過去達は
    あとがきだけの物語となって
    徒に歴史を積み上げてゆく…

    その先をゆく…

    何者でもない命の発露として
    自然の代償を引き受けて
    生きてゆく…


    ナナ散歩だよ。

  • ナナ散歩だよ
    ナナ散歩だよ
    投稿画像


    ナナ!
    お・出・か・け…だよ

    しっぽを振り回し
    私のひと言に大喜び
    するも…
    私なんかそっちのけで
    うちの神さまの顔を探し始める

    運転するのは私だけど
    行先決めるのは神さま
    だからって…

    ナ・ナ・も・一・緒…だよ、って
    神さまのお墨付きをもらうと

    しっぽふりふり
    玄関前に一目散
    最上級の伏せをして待っている

    今度は
    早くしろって
    私のとろとろ動作を
    ナナは目で追っている…

    去年までは
    暑くなると涼しい所へ
    ナナをのせて
    ちょこちょこ
    車中泊をしながら

    カヌーにも
    トロッコ列車にも
    ロープウェイにも
    展望台エレベーターにも
    ナナと一緒にね…。



    今年は
    今更ながらの
    自宅を生活散歩して…と

    まあ…まあまあ…
    やることいっぱい
    あるわあるあるわ…

    怒涛の日常生活が
    神さまと一緒になって
    手招きしている

    早くお出かけしたい…

    夢見るナナは
    飛行船に乗って
    今は旅の途中…。

  • ナナ散歩だよ
    ナナ散歩だよ

    多くのことをなす近道は

    一度に

    ひとつのことだけを

    することだ…

    (W・A・モーツァルト)



    あれもこれもと
    彷徨い迷ったら

    何かひとつ
    決めておいた
    自分の原点に立ち返ろう

    私は
    ナナ散歩だよ…😊


  • ナナ散歩だよ
    ナナ散歩だよ
    投稿画像


    絶対的な朝が
    通り過ぎてゆく…

    目覚めの気分を
    そっと枕元に置いて

    最終幕のレム睡眠が
    駆け足で後を追いかける

    信じている木漏れ日に
    寝返りの梯子をかける

    絶対的な朝が
    一瞬だけ僕を振り返る

    そこには僕はもういない
    巣立ちの後の静けさ

    屹立とした時間の森に
    沈黙の喧騒が舞い降りる

    絶対的な朝が
    再び通り過ぎてゆく…

  • ナナ散歩だよ
    ナナ散歩だよ
    投稿画像


    在りし日のらぶちぇああ…

    色と心のもつれ・あい…

    不二の高嶺にときはおちて…

    よわいすぎる原基のはて…



    眩暈の心音が消えない異常気性

    変態を繰り返す
    ようちゅうのように
    せいちヨうをゆめみて
    さなぎにもなれない…

    置き忘れてきた命の数だけ
    いきるいいきる
    一陣の風になって
    いきるいいきる

    他人事だった自分の身体に
    突然異変を感じた
    イントレランスの日々

    とうとう
    あさの光が舞い降りて
    めざめのこう海にやっと
    目舞ひが通り過ぎたよ

    とうとう
    柔らかい新緑の言の葉が
    雲の切れ間から
    降り注いできたよ

    おはようおはよう
    おはようおはよう
    ・・・・・・・・
    ・・・・・・・・