ログイン

#ラストレシピ

関連

  1. #ネタバレ注意
  2. #箕輪厚介
  3. #幻冬舎
  4. #麒麟の舌をもつ男
  5. #二宮和也
  6. #幻冬舎文庫
  1. M.A

    『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』孤独の限界を知り、仲間と共に生きることで進化していく。

    ストーリーのメイン舞台である満州国の時代に、料理で純粋に世界を幸せにしたいという大望を持つ男は、その裏で動く野望と嘘を知り、大切なものを守る為に闘った。時代は流れ、同じ才能を持つまた別の男が生きる為に料理をし、葛藤している中、物語は繋がり始める。
    理想を追求していく中では周りが見えなくなり、目的と手段が混沌とし、大切なものを失いがちになる。自分を見つめ直し、仲間達を信じることで進化を遂げていく姿が描かれていた。

    たった一人の熱狂には限界と孤独が待ち受けるが、ふと冷静になり周りを見渡すとそこには仲間がいて共に生きているんだ、と気付かせてくれる、そんな作品。

    二宮さんの演技、派手さはなくても小さな表情の変化で表現している感じが凄いな、と思った。

    本当に美味しいビフカツサンド食べたいな。

    #ラストレシピ

  2. 新谷紘平

    見城さん
    初めてやじコメをさせて頂きます。
    見城さんの755を読んで、いてもたってもいられずラストレシピを観に行きました。今その帰り道です。
    書かれていた通り、後半から涙が止まらず、初めて映画でこんなに泣きました。
    こんな素敵な作品をご紹介して下さり本当にありがとうございます。
    #ラストレシピ

  3. 吉田 0.60

    No.158
    映画『ラストレシピ』

    監督 滝田洋二郎
    原作 田中経一『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』
    キャスト 佐々木充 - 二宮和也(少年時代 - 吉澤太陽)、柳澤健 - 綾野剛、楊晴明 - 笈田ヨシ、山形直太朗 - 西島秀俊、山形千鶴 - 宮崎あおい、鎌田正太郎 - 西畑大吾、三宅太蔵 - 竹野内豊
    製作 ラストレシピ製作委員会

    2017/11/18 (11/17 観覧)

    【ネタバレ注意です!】

    活字を映像化する困難さを感じる作品である。色や音や匂いや熱や味を纏って具体的な料理となって目の前に現れるわけで、誤魔化しはきかない。いかに五感を解放して作り手の意図を理解出来るか?が試される。

    映画の冒頭2002年当時、綾野剛演じる柳澤が二宮和也演じる佐々木に携帯電話同士で話すシーンが出てくるが細部に凝っている事が良くわかる。現在、入手困難な当時の携帯機種同士だからだ。それ以外も推して知るべしだ。ハルピンの美しい情景やら当時の満州市内のシーン、明るい色鮮やかな厨房や様々な食材や調理器具にまで全てに拘りが感じられ凄みがあった。手を抜いていないのである。

    とにかく予想通り全編に宝石を散りばめたように美しい料理が数多く登場し、目眩がするほどワクワクし、その才能に嫉妬し、味わえない不満より芸術的価値に圧倒される。

    料理(レシピ)は果てし無い欲望の結晶であり奪った命に対する尊厳やあきらめ、喰らう側にも畏敬の心が必要の筈だ。そのレシピを極めながら大事な物を失って行く者達が運命に翻弄されながらも、それに抗い自分らしく人生を全うしている姿に感動するのである。

    私は原作を読んでから映画を観たのだがこれらは別物と捉えた方が良い。出来たら映画を観てから原作を読んでみて欲しい。その方が作品の世界が一層拡がり深みを増すと思う。壮大な90年間にも及ぶファミリーヒストリーがミステリーとして、ある意志に基づき繰り広げられ最後に種が明かされるという点は共通するが、映画では原作と異なり綾野剛演じる柳澤が存在感があり重要な役回りとなっていた。もう一人の主人公、西島の語学力にも驚かされ、佐々木充のイメージとの違いに悩まされる二宮は左利きなのに右手に包丁を持ち直して奮闘したであろう時間が容易に想像出来る。出て来る料理にも差があり二度美味しい。

    親から子へ、子から孫へ、才能と共に受け継がれる数奇な運命のレシピと主人公佐々木充の頑な心が交わり一瞬で融けた時、涙が溢れて失禁しそうになった。

    見てから読むか読んでから観るか?

    あなたのラストレシピが問われます。


    【蛇足】
    「満漢全席」が満州族と漢族の融合の象徴なら「大日本帝国食彩全席」(原作は204品、映画では122品)はそれを超える日本、満州、中国、ロシア、ユダヤなど世界的融合の文化遺産である。ただし最後は家族のためのもので身近に感じられる。珠玉の作品をもっと観ていたいものである。写真集があったらなぁ。

    特に気になった料理(料理名不明)
    ・島津亭のオムライス(隠し味に八丁味噌)
    ・豚の角煮(直太朗作)
    ・鮎の春巻(三枚におろした鮎に骨も入れて)
    ・冬瓜の翡翠なんとか
    ・黄金炒飯(柳澤作)
    ・雑煮風ロールキャベツ(鰹出汁餅入)
    ・キャビアをまぶした素麺(三宅が喰らう)
    ・牛カツサンド(子供達の好物)
    ・枝豆ご飯(楊が炊いたもの)
    ・鮭定食(娘幸に出したもの)
    色鮮やかなプリプリの焼き鮭
    四角く切った卵焼き
    白いご飯にあさりの味噌汁
    香の物・・
    ・・・・

    To監督さんへ
    エンドロール中、左に美味しそうな料理が右にクレジットが流れて目が四つ無いと記憶できません。DVD待ちますが。
    (^-^;

    #ラストレシピ
    #ネタバレ注意