ログイン
詳細
見城徹

[読書という荒野] 文庫版のためのあとがき 2020年12月29日に僕は70歳、つまり古稀を迎える。 70歳でいるうちに、実現したいことが二つあった。 一つは幻冬舎グループの大きな資本の組み換えと、もう一つはボクシングのリングに立つことだった。 前者は2019年12月3日にすべての手続きが完了し、ボクシングのトレーニングは2019年7月から開始した。 大学時代、元・世界ライトヘビー級チャンピオン、ホセ・トーレスの「カシアス・クレイ」を読んで以来、僕はずっとボクシングに魅せられ続けていた(P75〜参照)。高校時代に石原慎太郎の「太陽の季節」を読んで異様な衝撃を受けたのも、主人公の竜哉が高校のボクシング部であったことが関係していると思う。 石原慎太郎が言うところの[社会的現実]に[個人的現実]がクラッシュする瞬間を「太陽の季節」は見事に描き切っていた。後から考えると、それこそがボクシングそのものなのだ。 1974年10月30日、ザイール共和国の首都キンシャサで行われたプロボクシング世界ヘビー級タイトルマッチ。王者ジョージ・フォアマンと挑戦者モハメド・アリ(旧名カシアス・クレイ)戦をテレビで観てからはボクシングへの想いに拍車がかかった。試合は第8Rまでサンドバックのようにフォアマンに打たれ続けたモハメド・アリが8R残り16秒で奇跡の逆転KO勝ちを収めるという劇的な幕切れとなる。 ベトナム戦争への徴兵拒否が原因で王座を剥奪され、3年7ヶ月のブランクを余儀なくされた下り坂の32歳のモハメド・アリと40戦無敗(37KO)[象をも倒す]と言われたヘビー級史上最強パンチャー、25歳のジョージ・フォアマンとの戦いはボクシングが高度な精神的スポーツであることを如実に証明していた。生きるとは恐怖と不安を克服する戦いなのだ。だから、ボクシングの試合は人生そのものと言っていい。 アーネスト・ヘミングウェイ、ノーマン・メイラー、ジョイス・キャロル・オーツを始めボクシングについて書く作家は多い。日本でも寺山修司、沢木耕太郎を始め多くの作家がボクシングとボクサーを描いている。「カシアス・クレイ」を読んだ時の感動を実践に移さなければ死ぬ時に後悔が残る。50年近くの時を経て、僕はボクシングに取り組むことを決めたのだ。ボクシングのリングに上がって戦うこと。読書から行き着いた荒野。この文庫本の表紙をボクシングの写真にしたのはそういう訳がある。

前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    見城徹見城徹

    ↑ 強烈に何かを失う覚悟がなければ、大きな決心なんか出来ないよ。人はリスクと引き換えに新たな地平を獲得する。人生はその連続だ。それが辛いなら自分を殺して生きればいい。生きながら死ぬか、死を覚悟して自分の道を生きるか、だ。
    そういう僕も大きな決心の前で足踏みをしている。人生は生きようと意志する者に残酷だ。

  • 見城徹
    見城徹見城徹

    欲しいのは金や成功じゃない。死に向かってひた走る自分の命の燃焼だ。虚しさと切なさを埋める熱狂だ。その副産物として金や成功は付いて来るかも知れない。失うものなど無さそうな挑戦なんて詰まらない。

  • 見城徹
    見城徹見城徹

    自分がここは大事だと思う場面で自分の出来る最高のパフォーマンスをする。それが「場面を張る」ということです。高倉健や菅原文太のヤクザ映画が美しいのは登場人物たちが命懸けで場面を張り合っているからです。

  • 見城徹
    見城徹見城徹

    やせ我慢をしなければ、場面は張れません。
    やせ我慢をして、人は自分の人生を獲得して行くのです。一年に一回でいい。場面を張れる漢になりたいと思っています。

  • 見城徹
    見城徹見城徹

    70歳まで3ヶ月を切った。永遠に来ないと思っていた70歳。初恋が成就した18歳の春がつい先日のようだ。高校の帰りに毎日のように立ち寄った清水銀座の[戸田書店]と[富士]。[富士]は今でも営業しているらしい。
    Oh, only yesterday!

  • 見城徹
    てんあつてんあつ

    ↑2020年10月~見城さんの過去のご投稿より。

    今日の見城さんの過去トークからのリトークは以上になります。
    おはようございます。