ログイン
詳細
見城徹
Shogo Miyagi
Shogo Miyagi
見城徹さんと エレファントカシマシの宮本さんの 対談を見たいです。 言葉を大事にしてる 日本人同士の対談を。

エレファントカシマシの宮本さんは凄いと思いますが、宮本さんの方が対談を望むとは思えません。僕のことなどは知らないでしょうしね。 それよりも、宮本さんの本を作りたいです。僕は編集者ですから。

前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    てんあつてんあつ

    2024/7/20土曜日 日本時間
    今日の見城さん

    キャップ=ロビン・ルス
    Vネックセーター=アバクロ
    ポロシャツ=アバクロ
    短パン=アメリカン・イーグル
    極端を往還するふくらはぎ=見城徹
    スニーカー=スケッチャーズ
    腕時計=リシャール・ミルRM65-01スプリットセコンド クロノグラフ

  • 見城徹
    てんあつてんあつ

    短パンの左サイドに翼?鳥?に見えてアメリカン・イーグルとしましたが、単なる陰影でした。しかし直感でアメリカン・イーグルだ!と思ったのでそのままにします。

  • 見城徹
    見城徹

    ↑ もうてんあつが冴え渡っていて怖いくらいです。推理力、記憶力、検索力、そして、カン。これは尋常じゃない。全部正解です。しかし、それにしても凄い。心底から参りました。

  • 見城徹
    見城徹
    投稿画像

    井沢元彦[真(シン)日本の歴史]。Amazon総合56位だけれど、16時を過ぎたらベスト10に入っていて欲しい。読めば目からウロコ。納得の面白さ。新しい視点で日本国と日本人を読み解いた衝撃の一冊。

  • 見城徹
    ひでひで
    投稿画像

    【暗殺 柴田哲孝】
    R6.7.20 読了

    本当にフィクションなのか?
    読み終えて感じたことです。

    当時より不可解なことが多い事件で、私もいくつもの疑問がありました。
    その為、本当に起こったことなのか?とさへ思っていた記憶が甦りました。

    この書籍を読む事で、よりリアルに当時の事件が浮かび上がり、実際にはその裏で多くの人が利権やメンツの為に動いていたことが分かりました。怖くなりました。
    ※あくまで、フィクションですが。

    ただ、実際に何か物事(例えば法案)が動く時は、その裏には何かあると考えること。そして、本当に必要なことなのかと個々が考える必要があるのではないかと思います。
    今までは何も考えずに新聞などを見て、法案が変わるんだとボケっと見ていた自分が恥ずかしい。
    そんな国民が多いから、知らぬ間に多くのことが動いて、結果的に自分たちが不利になることも起こっているのではないかと思います。

    この書籍を読んで、物事の見方が大きく変わったと感じています。
    これは自分にとって有難いことです。
    本当に読んで良かった。

    また、物語自体は映画の世界に入り込んだようにグイグイ引き込まれ、2日で読み終えました。
    非常に読み易く、そして気になることが次から次に起きるので、読み始めたら止められなくなります。
    柴田さん、凄すぎます。

    皆さんも読むと見えてくる世界が変わると思います。
    また、大変読みやすい書籍です。読むこと自体が楽しいので、良い読書体験になると思います。
    おすすめの1冊です。

  • 見城徹
    MiRAIMiRAI

     [暗殺]凄いなぁ。纜は解かれ、静かにダブルミリオンに向かって帆は進んでいるのか。誰にも分かりませんが、少なくとも私達はこの様子を目撃している。

  • 見城徹
    見城徹

    ↑ ダブルミリオンには遠い遠い道のりですが、
    7月中に20万部は行きたいと思っています。
    本と雑誌が全く売れない時代です。この3ヶ月、この本に賭けて準備をして来ました。元々は1年前に出版される予定の本でしたが僕が1年の出版延期を決断しました。その1年の間、何度も新しい取材をしていただき、何度も書き直しをお願いしました。柴田哲孝さんの新たな代表作にしたかったし、「この世あらざる」リアリティのある作品にしたかった。結果、完璧な作品に仕上がったと思います。編集責任者・石原正康専務と担当編集者の武田勇美の苦闘と、著者の柴田哲孝さんの忍耐に応えるためにも僕はこの本が売れるために圧倒的努力をしなければなりません。