ログイン
詳細
見城徹

↑ 死ぬために今を歯を食いしばって生きる。どんなに努力しても行き着く先は[死]。そのゴールのために努力する。だから人生は切ない。

前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    吉田真悟吉田真悟

    [読書という荒野]
    文庫版のためのあとがき

    2020年12月29日に僕は70歳、つまり古稀を迎える。
    70歳でいるうちに、実現したいことが二つあった。
    一つは幻冬舎グループの大きな資本の組み換えと、もう一つはボクシングのリングに立つことだった。
    前者は2019年12月3日にすべての手続きが完了し、ボクシングのトレーニングは2019年7月から開始した。
    大学時代、元・世界ライトヘビー級チャンピオン、ホセ・トーレスの「カシアス・クレイ」を読んで以来、僕はずっとボクシングに魅せられ続けていた(P75〜参照)。高校時代に石原慎太郎の「太陽の季節」を読んで異様な衝撃を受けたのも、主人公の竜哉が高校のボクシング部であったことが関係していると思う。
    石原慎太郎が言うところの[社会的現実]に[個人的現実]がクラッシュする瞬間を「太陽の季節」は見事に描き切っていた。後から考えると、それこそがボクシングそのものなのだ。
    1974年10月30日、ザイール共和国の首都キンシャサで行われたプロボクシング世界ヘビー級タイトルマッチ。王者ジョージ・フォアマンと挑戦者モハメド・アリ(旧名カシアス・クレイ)戦をテレビで観てからはボクシングへの想いに拍車がかかった。試合は第8Rまでサンドバックのようにフォアマンに打たれ続けたモハメド・アリが8R残り16秒で奇跡の逆転KO勝ちを収めるという劇的な幕切れとなる。
    ベトナム戦争への徴兵拒否が原因で王座を剥奪され、3年7ヶ月のブランクを余儀なくされた下り坂の32歳のモハメド・アリと40戦無敗(37KO)[象をも倒す]と言われたヘビー級史上最強パンチャー、25歳のジョージ・フォアマンとの戦いはボクシングが高度な精神的スポーツであることを如実に証明していた。生きるとは恐怖と不安を克服する戦いなのだ。だから、ボクシングの試合は人生そのものと言っていい。
    アーネスト・ヘミングウェイ、ノーマン・メイラー、ジョイス・キャロル・オーツを始めボクシングについて書く作家は多い。日本でも寺山修司、沢木耕太郎を始め多くの作家がボクシングとボクサーを描いている。「カシアス・クレイ」を読んだ時の感動を実践に移さなければ死ぬ時に後悔が残る。50年近くの時を経て、僕はボクシングに取り組むことを決めたのだ。ボクシングのリングに上がって戦うこと。読書から行き着いた荒野。この文庫本の表紙をボクシングの写真にしたのはそういう訳がある。

    1
  • 見城徹
    てんあつてんあつ

    我ら三人、生まれし日、時は違えども兄弟の契りを結びしからは、心を同じくして助け合い、困窮する者たちを救わん。上は国家に報い、下は民を安んずることを誓う。同年、同月、同日に生まれることを得ずとも、同年、同月、同日に死せん事を願わん。皇天后土よ、実にこの心を鑑みよ。義に背き恩を忘るれば、天人共に戮すべし。」

    念劉備 關羽 張飛 雖然異姓 既結為兄弟 則同心協力 救困扶危 上報國家 下安黎庶 不求同年同月同日生 只願同年同月同日死 皇天后土 實鑒此心 背義忘恩 天人共戮

    三国志[桃園の誓い]。

  • 見城徹
    見城徹見城徹

    サイコパス

    犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは以下のように定義している。

    良心が異常に欠如している
    他者に冷淡で共感しない
    慢性的に平然と嘘をつく
    行動に対する責任が全く取れない
    罪悪感が皆無
    自尊心が過大で自己中心的
    口が達者で表面は魅力的

  • 見城徹
    見城徹

    見城徹の考えるサイコパスの7つの特徴

    ❶目的意識が強く、その目的のための利害損得でしか物事を判断しない。
    ❷仁義を通すという概念が皆無。
    ❸嘘を付くことに罪悪感がない。
    ❹自分の過去の事実を平気で塗り替える。
    ❺感謝するという感情が欠如している。
    ❻自己正当化が激しく、自分の都合でしか判断しない。
    ❼逆境に強い。

  • 見城徹
    見城徹
    投稿画像

    今夜のワインです。僕はティスティングのために舌舐めずりしただけ。

    間違えて消してしまったので再アップ。
    オジトモ、申し訳ないけどもう一回お願いします。